モデルチェンジで能力伸長 BMW X1 xドライブ23iへ試乗 高い完成度のファミリーSUV

公開 : 2022.09.30 08:25

BMWの最小SUVがモデルチェンジ。ひと回り大きいボディに、充分な空間と上品な質感を得たと英国編集部は評価します。

第3世代でボディサイズはひと回り拡大

第3世代になったBMW X1は、人気だった先代よりひと回り成長した。長さは53mm、高さは44mm、ホイールベースは22mm伸びている。BMWで最も小さいSUVの全長は4500mm、全幅は1845mm、全高が1642mmと、充分な大きさが与えられた。

ちなみに、初代BMW X3の全長より60mm短いに過ぎない。近年のファミリーユーザーにとって、コンパクトSUVは代表カテゴリーの1つ。適度に大きい方がありがたいという人は多いのだろう。

BMW X1 xドライブ23i Mスポーツ(欧州仕様)
BMW X1 xドライブ23i Mスポーツ(欧州仕様)

ベースとなるプラットフォームは、新開発のUKLと呼ばれるもの。2シリーズ・アクティブツアラーでお目見えしたものだ。

搭載されるエンジンには、すべて電動化技術が採用された。英国へ導入されるのは、2.0L 4気筒ディーゼルターボの18dと23d。また、今回試乗した四輪駆動のxドライブ23iには2.0L 4気筒ガソリンターボが載るが、それぞれマイルド・ハイブリッド化されている。

プラグイン・ハイブリッド(PHEV)も2種類が選べる。システムとしては第5世代に当たり、14.2kWhの駆動用バッテリーを搭載する。EVモード時は最長88kmを駆動用モーターだけで走行可能とうたわれ、クラスでは頭ひとつ飛び出た性能といえる。

英国価格は3万6225ポンド(約597万円)から。ライバルのアウディQ3より若干高めながら、競争力は充分にある。ゆとりある車内の上質さを知ると、この金額には納得できるだろう。

合計218psのマイルドHV 楽しいブースト機能も

試乗したxドライブ23iの4気筒ターボユニットは単体で203psを発揮し、システム合計では218psと、PHEVを除く新しいX1では最もパワフルになる。恐らく、スポーティな走りを求めるユーザーが1番注目するグレードだと思う。

90%の部品が新しいというエンジンは、間違いなく強力。7速デュアルクラッチATに一体化された、電圧48Vで稼働する19psの電気モーターが効果的にアシストしてくれる。

BMW X1 xドライブ23i Mスポーツ(欧州仕様)
BMW X1 xドライブ23i Mスポーツ(欧州仕様)

スポーツモードを選ぶと、エンジンは6000rpmめがけて勢いよく吹け上がる。シフトパドル部分には、加速力を強めるブースト・ボタンも追加された。

ボタンを押さずとも遅く感じないため、ブースト機能の出番は限られるかもしれない。車内はワンランク上の落ち着いた高級感を漂わせ、その雰囲気との不一致感もなくはない。

とはいえ、子供っぽいかもしれないが、正直楽しい。クルマ好きの子供なら、明確に強まる加速度に喜んでくれると思う。

マイルド・ハイブリッド化によって、エネルギー効率ももちろん引き上げられている。低負荷時にはエンジンが停止し、駆動系から切り離される制御も効果的といえる。急にアクセルペダルを踏み込んでも、振動を生じたり、もたつくような仕草は殆どない。

新しいX1を運転していると、常に滑らかでレスポンスが良い印象を受ける。マイルドハイブリッドながら、EVモードとして短時間なら電気モーターのみで走行可能なことにも感心した。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ヴィッキー・パロット

    Vicky Parrott

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

おすすめ記事

 

BMWの人気画像