フィアット・プント・ツインエア

公開 : 2012.06.27 18:45  更新 : 2017.05.29 18:52

■どんなクルマ?

フィアットプントに穏やかなマイナーチェンジを施し、2台の新しいエンジンをそのラインナップに加えた。ひとつは83bhpの1.3リッター・マルチジェット・エンジンで、90g/kmのCO2排出量を持つ。そしてもうひとつが、0.9リッターのターボチャージド・ツインエア・ガソリン・エンジンだ。このツインエア・エンジンは、83bhp/5500rpmのピーク・パワーと、14.8kg-m/2000rpmのピーク・トルクを持つ。しかもその燃費とCO2排出量はディーゼルに十分対抗できる23.8km/lと98g/kmという値を持つ。これらの数字は、フィアット500や新しいパンダと同等だ。

しかし、Bセグメント・モデルに搭載されるのにあわせてクオリティ・アップが計られている。ギアボックスが5速マニュアルから6速マニュアルになり、デュアルマス・フライホイールとバランシング・カウンターシャフトが付けられたのだ。

■どんな感じ?

プントは決して重いスーパーミニではない。1,075kgのボディに83bhpのパワーは十分な値で、特に高いギアでのフレキシビリティは賞賛に値する。とはいうものの、この2気筒エンジンは、活発にガンガン回して乗りたいという類のエンジンだ。

各ギアでリミットいっぱいまで回すのは簡単なことだ。しかし、小さなフィアット500では元気なエンジンも、フィアット500よりも重いプントに搭載されると、水の中でパンチを出しているように、ダイレクトな感覚は薄れてしまう。残念ながら、ギアシフトは燃費を重視したパターンにしたほうが良いかもしれない。

更に、その振動はメカニカルな改造によって少なくはなっているものの、そのサウンドは床の下にあるチェーンソーのような音を奏でる。

30分の試乗では16km/l代の燃費しかマークすることはできなかった。これはわれわれがエコ・ボタンを繰り返し押す聖人のような忍耐力が足りなかったせいで、決して恥ずべき数値ではない。しかし、総合すると驚くような燃費を導き出してくれるわけでもなかった。

■「買い」か?

ディーゼルに対しての価格アレルギーがあるのであれば、ツインエアは訴えるのかもしれない。しかし、この基本設計の旧いプントにこのエンジンは、パワー不足の感をいなめないのも事実だ。

(ニック・カケット)

フィアット・プント・ツインエア

価格 12,100ポンド(150万円)
最高速度 172km/h
0-100km/h加速 12.7秒
燃費 23.8km/l
Co2排出量 98g/km
乾燥重量 1075kg
エンジン 2気筒875ccターボ
最高出力 83bhp/5500rpm
最大トルク 14.8kg-m/2000rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

フィアットの人気画像

×