フォード・フィエスタ vs ミニ・クーパー vs セアト・イビーサFR

公開 : 2014.10.02 23:40  更新 : 2017.05.29 19:33

対するセアト・イビーサ。このプラットフォームを利用するモデルの例に漏れず、このクルマも生まれつき幅が狭い。ミニよりも16mm横幅が小さく、見た目はそれ以上だ。しかし強面のフロントフェイスや17インチ・ホイールで迫力を取り返している。

フィエスタはこのモデルも非常に均整がとれている。これこそフォードの強みだ。3台の中でもデザインの纏まりはずば抜けていると言っていい。最上階グレードであるSTに比べるとレッド・エディションはやや控えめなので、8本スポークのホイールもとてもよく似合っている。

ただし内装は外観ほど優れているわけではなく、ボタン点数の多すぎるセンター・パネルや、シートの仕立てなどはいま一度見直して欲しい点のひとつだ。

カスタマー目線で見ると、DABチューナーが標準でついていない点はもはや罪と言ってもいい。イビーサにはより沢山のエクイップメントが用意されており、ガーミン製のサテライト・ナビゲーションさえも最初からついてくる。このナビは見た目こそ褒められたものではないけれど、付いていないよりかは遥かに良い。

他のライターが書いた記事でも褒められているが、ミニの内装は3台の中で飛び抜けている。BMW3シリーズとファミリー・ハッチバック車くらいかけ離れていると言っていい。特にダッシュボード、シート、(オプションの)インフォテイメント・システム、その他のスイッチ類の完成度はフォードやセアトには到底真似のできなレベルだ。

ただし荷室には期待すべきではない。良くてライバルの容量マイナス70ℓといったところ。座席もさほど広くはなく、大人4人が乗ったとしてもフロント、リアともに余裕があるとは言いがたい。

続いて各ユニット。フィエスタのエコブースト・ユニットは999cc。音はまさに3気筒のそれだ。特にアイドリング時は顕著に耳に届き、窓際に置いた蝋燭の炎のように元気がいい。しかし粘り強さはまずまずのもの。その反面スロットル・レスポンスは3台の中でもっとも鈍い。

0-100km/hタイムも3台の中では最も遅い9秒フラット。しかしミニよりも体感的に速く感じることができるのは、70kg軽い車重と、1500rpm高い最高出力到達回転数が上手く演出しているからだろう。トップエンドの活気もフィエスタの方が一枚うわてだ。

クーパーが勝負を仕掛けるのは、その柔軟性。フィエスタよりも250rpm下の回転域で2.07kg-m分のトルクを稼ぐ。それに6速のマニュアル・ギアボックスの低速のギア・レシオの設定も絶妙で、このエンジンの見せ所であるミドル・レンジの力強さを見事に引き出している。

またエンジン自体も、他の2台より洗練されている。特にオーバートップ巡航時の回転数は、ミニのみが他よりも500rpm低いため、静かで落ち着いた印象を与えた。

メーカーの公表値を見ると0-100km/hタイムはセアトとミニは一緒だけれど、ミニとフォードを較べた時に感じたギャップよりも更に差を感じた。そう感じさせたのは、イビーサのスロットル・レスポンスに理由がある。確かにイビーサの音そのものはホットハッチの期待にそぐわず威勢がいいのだけれど、コンマ5秒ほどのラグを感じるのだ。

ただし獰猛さは、他のクルマにないセアトの特徴。ミニとフォードが気持よく吹け上がり、適度なスピードに達している頃に、特に2、3速でセアトは広大な草原を真っ直ぐに突き進む嵐のような振る舞いをするのである。

関連テーマ

 
最新試乗記