ルノー・カングー・ゼン

公開 : 2014.05.26 17:03  更新 : 2017.05.29 19:22

どちらかといえば苦手だったカングー。なんだか間延びした顔立ちと、ペシャンと音をたてて閉まる薄っぺらいリヤゲートが好きになれなかった。ところが今回、最新のカングーに試乗しはじめたとたんにニヤニヤしている自分がいる。いや、ちょっとした笑みなんかじゃない。ヒャッホーと、快哉を叫びたくなる気持ちなのだ。

昨年後半にマイナーチェンジが施され、少し顔が精悍になったカングー。今回試乗したカングー・ゼン6段M/T仕様はその追加モデルということになる。現行カングーにはベーシックなアクティフと上級のゼンという2グレードが用意されており、アクティフには今年早々に、フランスの商用車ライクな6段マニュアルギヤを搭載したモデルが追加されていた。今回はゼンにも“手コギ”モデルが追加されたわけだが、しかしそれは最大のトピックではない。実はこのニュー・カングーは、現行ルーテシアのエンジンベイに収まっている1.2ℓ直噴ターボの直列4気筒エンジンが搭載されているのである。

これまでカングーには1.6ℓ自然吸気しか設定がなかったのだが、今回は現代的なダウンサイジングが敢行されたことになる。昨今のヨーロッパ車は言わずもがなのダウンサイジング全盛で、これまで5.0ℓ級のエンジンを搭載していたモデルでもその半分以下の排気量の過給エンジンに載せ替えられていたりする。これは車種によっては「なんだか釈然としない」というイメージを持たれていたりするのかもしれないが、ことカングーに関しては問題ない。何しろもともと商用車のオマケとしてデビューして、一般ユーザーの人気に火がついてしまった質素を潔しとするモデルだし、しかもテンロクNAでは105ps止まりだった最高出力が、最新のテンニ・ターボでは115psまで引き上げられているのだから文句はないだろう。

最新の1.2ℓカングーはパワートレインが刷新された他に、いくつかの機能が追加されている。スイッチでオンオフできるエクステンデッドグリップはESCの機能の延長線上にあるもので、滑りやすい路面で駆動力を確保する機能。また省燃費に大きく効くスタート&ストップ機能や現代M/T車に欠かせないヒルスタートアシストや、燃費を最大10%削減できるエコスイッチなど、優れた実用性に直結する新装備が備わっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ルノーの人気画像

×