[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

Juju(野田樹潤)ブログ

2019.04.13

第19話:優勝! フォーミュラU-17&Senior初戦 ー Juju(野田樹潤)ブログ

レースの内容を振り返る

今シーズンはF3マシンでの集大成という心づもりで、レース当日は、体調もマシンの状態も万全、予選では過去最高のタイムを目指していました。

でも、前日の夜中に雨が降り、予選では路面が濡れていて……。

ベストタイムを狙っていたのに、それが叶わなかったのは残念でした!

そして、待ちに待った決勝のとき。

路面は完全に乾いていて、わたしのやる気も十分です!

スタートの合図で、わたしをトップに、全部で5台のマシンが発進。すると、すぐに2番手、3番手の選手がエンジンストール! 1周目から差がどんと開き、完全に独走状態に。

このまま走れば優勝間違いなし。

でも、もっと自分の先に強敵がいることを想定して、どんどんプッシュして走りました。

途中、遅いクルマにひっかかったりして、15周のうち、1周しかアタックできなかったけれど、予選よりもかなり速いタイムで周回することができました。

限界ギリギリのところで走るのはリスクもあったし、スピンに繋がることもあるので、いいタイムを出そうとするのはすごく難しかったけれど、自分のなかでは最善をつくせたんじゃないかな。

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦が始まっている。