Juju(野田樹潤)ブログ

2021.10.11

Juju(野田樹潤)の2022年シーズン。ひとまずNODAレーシングレーシングの卒業が決まりました。

【Juju(野田樹潤)ブログ】第61話:びっくり! わたし、NODAレーシングレーシングを卒業します

もくじ

家族から卒業するなんて、あり?
レースに集中できる環境を求めて

家族から卒業するなんて、あり?

こんにちは、Juju(野田樹潤)です。

デンマークF4チャンピオンシップの最終戦が終わったばかりですけど、今回は少しだけ来年の話をしようと思います。

タイトルにもある通り、今シーズンでNODAレーシングを卒業することになりました!

写真:NODAレーシング

自分でもびっくりしてます、本当に。

もちろんわたしはこれからもレースを続けます。

でも今の段階で、来年どんな選手権に出るのか? どんなチーム体制か? みたいなことは、なーんにも決まっていません。

決まっていることは、わたしがNODAレーシングのドライバーとして走るのは今シーズンでひとまず終了となる、ということだけなんです。

レーシングドライバーがチームを移籍するというのは珍しい話ではないですよね。でもわたしの場合はちょっと事情が違います。

父(野田英樹)とわたし。(2020年シーズン) 写真:NODAレーシング

わたしがレースをはじめた時から所属しているNODAレーシングは、わたしの父(野田英樹)が監督でありチームオーナーでもある小さなチーム。

家族のような、というより家族そのものなんです。家族から卒業って、普通しませんよねぇ。

この記事に関わった人々

  • 執筆

    Juju(野田樹潤)

    Juju Noda

    2006年生まれ。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビュー。11歳、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」出場。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3に挑戦。2020年、デンマークF4を経て、2021年シーズンはアメリカF4 US→デンマークF4。
  • 編集

    上野太朗

    Taro Ueno

    1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測というエリート・コース(?)を歩む。学生時代はボルボ940→アルファ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ156→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かす。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。

人気テーマ

 
 

おすすめ記事

 
×