海外試乗

2017.09.11

ジャガーXFのワゴン「スポーツブレーク」試乗 ドイツの強さ目立つ

ジャガーXFスポーツブレーク

テスト日 : 2017年09月03日

価格 : £44,600(635万円)

文・ニック・カケット 

[編集部より]

ジャガーXFのワゴン「スポーツブレーク」の試乗記です。ハンドリング重視のAUTOCARとしては、ワゴンになることで、動的性能が下がっていないか? という点を注視しています。

もくじ

どんなクルマ?
スポーツブレーク ワゴンデザインの妙

どんな感じ?
改善求むインジニウムディーゼルとXFの相性
セダンの方が俊敏 ただワゴン基準ならば◎

「買い」か?
いざドイツ車と比べると「まだまだ」

どんなクルマ?

スポーツブレーク ワゴンデザインの妙

スポーツブレークという流行遅れの名前が付いているが、中を見ても外を見ても、このクルマがジャガーであることは明らか。同時に実用性よりも外観を優先したことを、表面から読み取ることができる。

ジャガーは、どこでも通用するデザインを求め、スタイリング部門はその要求にしっかりと応えたことになる。実際にこのクルマを見ると、その出来は素晴らしい。

低くて傾斜の付いたルーフライン、高い位置の上品なショルダー、包みこむようなライン、末広がりのボトム。ライバルに対してもアドバンテージがありそうだ。

セダンの長いリアデッキを隠す手立ても素晴らしく、スポーツカー以外でジャガーの最も美しいクルマであるというのがAUTOCARの見解だ。

ジャガーは、このスポーツブレークがまだクレイモデルであった頃、既に成功を確信したに違いない。

シートバックを畳むと、そこには巨大なフラットスペースが出現する(これもまた、称賛に値するポイントである)。このクラスで最長の収納スペースを持つというのもスポーツブレークの特徴だ。

next page改善求むインジニウムディーゼルとXFの相性

 
最新初試乗