BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

カーレビュー

2018.01.21

ポルシェ911ターボが負けた日 英国人の目から見た日産GT-Rの実力 後編

日産GT-R/ポルシェ911ターボ

テスト日 : 2018年1月6日

編集部より

911ラブ!を貫いてきたクリス・ハリスだが、初対面のGT-Rの実力に触れ、心はグラグラと揺れまくり。むしろGT-Rへと傾くばかり。そう、王位後退の瞬間がついにやってきます。AUTOCAR JAPAN 2008年6月号よりの再録です。

AUTOCAR JAPAN誌 2008年6月 61号

もくじ

前編
スカイラインはポルシェよりも先に到着した……
ケータイ的に浸透したテクノロジー
デカい でも、狭い
ハーシュ ドコドコ カタい
いるか? いらぬか? コンフォート
まず触れるべきアソコのありえなさ

後編
しなやかで一体感を味わえる911
速さの源はトランスミッション
技術の新旧だけではない違い
質感でも高いGT-Rの満足度
もしも2台の価格が同じなら
議論の余地なく結論へ

しなやかで一体感を味わえる911

原野のなかを縫って走る。しかるべきペースで。911も捨てたものではない、ということがすぐにわかる。GT-Rとは大きく異なったやり方で(そうでもない、と人によってはいうかもしれないけど)ハイパフォーマンスを実現している。  

ホイールトラベルとライドコンフォートがポルシェの武器。まずもって。ニッサンに乗ったあとだと、タイヤはまるで空気がちゃんと入ってないように感じられる。GT-Rが道路を関節技でやっつけたがっている感じだとすると、ポルシェは路面状況を迎え入れたがっている感じ。ちょっとした違いにすぎないといえばそうだけど、こういうところがのちのち効いてくる。決定的に。

それにしてもやっぱすごいと思う。ターボは。直線を楽々コナし、レースカーみたいに減速し、そしてたいがいのコーナーを悪魔のような速さで曲がっていく、ややこしい物理特性をもったクルマ。  

ニッサンは乗っててクルマとの一体感に少しだけ欠けるけど、ポルシェに乗ってるとドライビングのプロセスの真っ直中へ引きずり込まれていく。ヨー。ピッチ。ダイブ。そして振動。ステアリングホイールの手応えはよりあからさまに重くなったり軽くなったりする。で全体としては、ターボはぶっちゃけソフトすぎるように感じられる。GT-Rに乗っちゃったあとだと。
 
もっとハードにトバすと状況は違ってくる。ベターになる。ターボがいかに能力たっぷりでかつ楽しめるクルマであるか、よーく見えてくる。もちろん、法が許すならだけど。  

next page速さの源はトランスミッション

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ