回顧録 スーパーDセグメント対決 BMW M3 vs C63 AMG vs レクサス IS F 後編

2018.04.01

100字サマリー

C63、M3、IS Fの3台が出揃いました。C63が動力性能や快適性、実用性で優等生ぶりを発揮しました。レクサスも初挑戦としては良い仕事を見せたものの脱落。オールラウンダーのC63が勝利するかと思いきや、官能性の差でM3が逆転するという結果になりました。

もくじ

前編
ドイツの双璧に国産の雄が真っ向から激突
V8、FR、4ドアという共通点
隙を見せないC63
C63の圧倒的な動力性能
排気量では最小のM3
やややりすぎ感のあるIS F

後編

3台でドラッグレース
サルーンとしての実用性
室内空間は
IS Fは脱落 ドイツ2強の攻防
最後の逆転劇

3台でドラッグレース

スペック上ではパワーとトルクに優り、馬力荷重比でもトップのM3にほぼ並んでいるC63に分がありそうだ。さらにC63は十分な室内空間と実用性も備えているのはご存知のとおりである。

実際にスプリントをやってみると、トラクションコントロールをオフにしたC63はラインをキープできずに悪戦苦闘することになる。ときには強力無比のエンジンがタイヤやトランスミッションに勝ってしまうためにスロットルのレスポンスが一瞬遅れ、出足ではM3にリードを許してしまいがちだった。しかしその後はパワーに勝るC63の伸びが凄まじく、ゴールラインが遠ければ遠いほど勝率を高めていく。

IS Fは善戦むなしく3位どまりだが、その走りは賞賛に値する。馬力荷重比が最下位なのでパワー競争で不利なのは当然だが、このクルマには2速より上のギアでは常時ロックアップする精巧な8段A/Tが搭載されている。アップを0.1秒、ダウンを0.2秒でこなすのだから、フェラーリ430スクーデリアには及ばないにせよ、トルコン式オートマティックとしては驚異的にクイックだ。

これが速さそのものではなくスムーズさのテストだったとしたら、IS Fにも勝ち目があったかもしれない。性能を最優先してセッティングされたエンジンのはずなのに驚くほどシルキーで、振動のかけらも見せないからである。
3600rpmに達するとエグゾーストバイパスバルブが開いて野太いサウンドが響き渡り、トップエンドまでほとんどもたつくことなく一気に回り切ってしまう。7000rpmのレッドラインが飾りなのではないかと思えるほどだ。レクサスが無粋なギアチェンジ警告ブザーの装備を決断したのも無理はない。

 
最新試乗記