海外試乗

2018.04.12

長期テスト アストン マーティン・ヴァンキッシュS(2)

アストン マーティン・ヴァンキッシュS

編集部より

3000万円超のスーパーグランドツアラーとの生活が始まりました。600psのV12を搭載するにも関わらず非常に安楽で扱いやすいクルマのようです。アストンらしい古風な一面も魅力的で、ついつい走り過ぎて走行距離が伸びてしまいます。

もくじ

ヴァンキッシュSとの生活
古風さの残るスーパーGT

ヴァンキッシュSとの生活

アストン マーティン・ヴァンキッシュSとの生活はどうか? とんでもなく素晴らしい。

そして驚くべきことにとても安楽だ。もちろん、600psを発揮する5935ccのV12を搭載する長く低いクルマにしては、だが。

それにしても、乗り心地も快適で、取り回しも良い。ドライビングポジションも適正で、操作も直感的だ。最初の仕事として夕暮れのアングルシー島までの370kmのドライブをしたが、これ以上に長距離ドライブ向きのクルマはないだろう。

このクルマはコールドスタートでは大きく吠える。しかし、ヴァンキッシュSを買うような人は近所の家と隣接するようなところには住んでいないだろう。求められれば非常に官能的だが、洗練された走りをすることもできる。

next page古風さの残るスーパーGT

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ