ブリヂストン・ポテンザ新タイヤ「S007A」 ドライウェット・コース/高速・一般道を試す

2018.07.06

サマリー

ブリヂストンの新タイヤ「POTENZA(ポテンザ)S007A」の試走記です。M・ベンツEクラス、アウディA4、ジャガーXEをはじめ、FF、FR車で調査。ドライ、ウェットの両コース、高速/一般道を試します。写真40枚。

もくじ

どんなタイヤ?
グランツアラー向け銘柄が先祖
RE系とレグノ系の中間

どんな感じ?
高速/一般道の直進性
ドライ/ウェットは?

「買い」か?
三拍子揃った魅力

どんなタイヤ?

グランツアラー向け銘柄が先祖

ポテンザS007Aは8年前に登場したS001の後継として開発された。ポテンザなら「RE」じゃないの? なんで001から007に飛ぶの? とふたつの疑問が浮かぶ。実はこれがS007Aのコンセプトを理解する上の要点でもある。

ポテンザRE71/710系がスポーツラジアルのトップエンドとして展開していた頃に、BSから別志向の高性能ラジアルとしてエクスペディアS-01が登場する。サーキット走行までカバーするポテンザに対してエクスペディアは超高速ツーリングも視野に入れた高性能高級車、つまりグランツアラー向けのモデルだった。これがS007Aの先祖だ。

 

 
最新試乗記

人気記事