海外試乗

2018.10.14

アルピーヌA110/アバルト124GT/フォーカスRS WRC第11戦を巡る 後編

アバルト124GT/アルピーヌA110プルミエールエディション/フォード・フォーカスRSヘリテイジ・エディション

テスト日 : 2018年10月3日

文・ビッキー・パロット 

編集部より

英国ではWRC第11戦、ウェールズラリーが盛り上がっているタイミング。テスターのビッキー・パロットは一足先に、最も走りごたえのあるステージを、アルピーヌA110とアバルト124GT、フォード・フォーカスRSでアタックしました。それぞれが持つ、世界ラリー選手権との濃いつながりを確かめに。2日目です。

もくじ

2日目:曲がりくねった地方道4501号
SS:スレート・マウンテン
グランドクロスが生んだアルピーヌA110
番外編:1973年を振り返る
3台のスペック

2日目:曲がりくねった地方道4501号

フォーカスRSの後に続いて自然保護区に延びる4501号線を走る。今年のラリーGBのブレニング・アルウェン・ステージに混ざるべく、アルピーヌA110の低くスラントしたノーズで、高く切れ上がったフォードのテールを追い回す。決して忘れられない光景だった。

アルピーヌの最高出力は、どちらかというと控えめな252psでも、想像以上に速く感じられる。かなり手を焼くような険しい道でも、本気で走るマウンチューン仕様のフォーカスRSヘリテイジ・エディションにしっかりと着いて走ることができる。

ご存知の通り、フォード・フォーカスRSヘリテイジ・エディションは超人的なパフォーマンスを備えており、ターボが生むパワーも底知れない。しかし、フォーカスとは対照的な、路面のきめ細やかなフィードバックが得られるアルピーヌA110は、1.8ℓ4気筒ターボの生み出すパワーを、自信を持って完璧に引き出すことができる。

アバルト124GTも、ウェールズの道を、やや誇張しすぎながらもクセになるエグゾーストノートを田園地帯に響かせつつ、快調に飛ばす。ただし、フットレストは垂直すぎるし、180cmを超える身長のドライバーは、背中を折り曲げなければならないほどキャビンはタイトで、例えハードトップを外したとしても、洗練性に関しては疑問符を付けなければならない。正直、価格の妥当性も疑問ではあるけれど、惹かれるのを止めることも難しい。

アバルト124GTはこの3台の中では最も遅く、仕上がりも荒いが、クルマのパフォーマンスとしては英国の郊外の道にパーフェクト。それに、フォーカスの硬すぎる乗り心地は、アバルトの容赦ないエグゾーストノートと同じくらい、ドライバーに疲労感を与えることも事実。何でもやりすぎは禁物。正直いって、人生の楽しみとしてのドライビングとは、やや一線を画すものだとは思う。

next pageSS:スレート・マウンテン

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ