[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

ドライバーズカー選手権2018(2) 10〜5位に留まったモデル、そのワケは

2018.11.24

100字サマリー

恒例となった、今年ベストのクルマを決める通称ハンドリングデイ。話題を呼んだ珠玉の10台の中から、2018年の英国ベスト・ドライバーズカーに選出されるのはどのモデルでしょうか。まずは下位グループから順を追って評価していきます。

もくじ

フィエスタSTからフェラーリ488ピスタまで
フェラーリが用意したタイヤは10万ポンド超
精彩を欠いたジャガーXE SVRプロジェクト8
期待し過ぎたロータス・エキシージ410
評価の分かれたアストン マーティン・ヴィンテージ
僅差で5位に着いたBMW M2コンペティション

フィエスタSTからフェラーリ488ピスタまで

2018年の英国ベスト・ドライバーズカー・コンペティションも、例年通りといえるが、非常にバリエーションに富んだラインナップとなった。フロント、ミドシップ、リアのエンジン搭載位置に、自然吸気にスーパーチャージャー、ターボチャージャーの吸気方式。ボディタイプもハッチバックに4ドアサルーン、クーペが並び、前輪駆動に後輪駆動、4輪駆動と各種揃い、トランスミッションもマニュアル、AT、ダブルクラッチATと異なっている。

ノミネート車両を価格順に見ていこう。まずは新型フォード・フィエスタST。今年の9月に開催した通称ジュニア・ハンドリングデイ、3万ポンド(444万円)未満で買える2018年の英国ベスト・パフォーマンスモデルに輝いている。今回のラインナップで見ると、唯一の5万ポンド(740万円)を切る手頃な価格設定のクルマでもある。

続いてBMW M2のパフォーマンスを向上させた、BMW M2コンペティションが入る。そして厳しいわれわれのロードテストで5つ星に輝いた、まったく新しいアルピーヌA110。ロータス・エキシージ410もノミネートした。10万ポンド(1480万円)を超えないクルマはここまでとなる。

価格が跳ね上がり、アウディR8 RWS。こちらはR8の中では最も価格が安い半面、最も優れたドライビングを実現させているグレードとなる。そして新しいアストン マーティン・ヴァンテージ。車重が増え、電動パワーステアリングにターボエンジンとATを搭載するクルマだが、先代の成功を背景に勢いは増すばかり。

続いて、最も熱い走りを味わわせてくれるポルシェ911 GT3 RS。911 GT3は、昨年11月、雨に濡れたカースル・クームを舞台にした2017年版の英国ベスト・ドライバーズカー・コンペティションで優勝している。3番目に高価なクルマが、サーキット走行を前提に生まれたジャガーXE SVRプロジェクト8となる。

 
最新試乗記