BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

国内試乗

2019.07.10

新型レンジローバー・イヴォークに試乗 人気モデル、着実に前進 限定グレード狙いめ

レンジローバー・イヴォークRダイナミックHSE P300 MHEV

文・山崎元裕 撮影・神村 聖 

編集部より

レンジローバーのモデル群のなかでも大きなボリュームを占める、レンジローバー・イヴォークに国内試乗しました。試乗車は300psを発揮するガソリンターボ(MHEVです)。

もくじ

レンジの人気者、モデルチェンジ
新型イヴォーク 変更点おさらい
300psのガソリン仕様に試乗
「ファーストエディション」狙いめ
レンジローバー・イヴォークRダイナミックHSE P300 MHEVのスペック

レンジの人気者、モデルチェンジ

2011年にセールスを開始して以来(日本では2012年春に発売)、世界中の市場で累計80万台以上を販売し、210以上もの国際的な賞を受賞したという、レンジローバー・イヴォーク。

その大きな成功の理由としてまずあげられるのは、それまでのレンジローバー車はもちろん、そしてSUVにはなかった、斬新でかつ個性的なボディデザインを採用したことだろう。

機能性がとりわけ重視されるSUVの世界において、ルーフを低く描き、そしてシルエットをクーペスタイルに見せる手法は、レンジローバーにとってもある意味では歴史的な賭けであったと言ってもよい。

彼らのカスタマーは保守的なのか、あるいは革新的なのか。ここに始まるレンジローバーの賭けが見事に成功したことは、最初に触れた累計生産台数がそのすべてを明確に物語っている。

カスタマーの実に70%近くが、そのデザインからイヴォークを購入ターゲットとして選択したという事実を考え合わせると、その市場を受け継ぐ後継車、すなわちセカンド・ジェネレーションのイヴォークをデザインするために、デザインチームには相当なプレッシャーが強いられたのは想像に難くない。

もちろん最初にイヴォークが誕生した時と同じように、まったく新しいコンセプトで新世代のラグジュアリー・コンパクトSUVを生み出すという策もあったに違いないが、チームは先代イヴォークからのキープコンセプトを選択。

そして再び魅力的なデザインを持つ新型イヴォークが誕生したのだ。初代イヴォークのカスタマーには確かに、ニューモデルであることがわかるディテールの演出もなかなかに心憎い。

 
最新初試乗

人気コンテンツ