長距離出張も快適 スコダ・スパーブ2.0 TDIエボ 試乗 MQBプラットフォーム採用

2019.09.12

100字サマリー

日本には未導入ですが、エグゼクティブ・クラスにも選ばれるスパーブに、マイナーチェンジに合わせて新しいエンジンが登場。軽微なエクステリアデザインの変更とともに、これまでにない快適性と実用性を獲得しています。

もくじ

欧州では82%が企業による購入
上質で静かなディーゼルエンジン
長距離出張でもスコダ・スパーブなら
スコダ・スパーブ2.0 TDIエボ SE-L DSG

欧州では82%が企業による購入

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

3代目スコダ・スパーブがフェイスリフトを受けた。スパーブは優れた実用性と快適性を備え、欧州では空港と都市を結ぶタクシー・ドライバーや営業部門の幹部などからの支持は高い。一般からの購入は少ないようにも思われるが実際は悪くないビジネスで、2018年の欧州での販売台数のうち、社用車など企業による購入の割合が82%にも及んでいるという。

モデル中期となる2019年に施されたフェイスリフトも、ビジネスユーザーをターゲットにしたものだといえそうだ。内容は一般的なもので、エクステリアデザインで小さな変更を受けている。フロントバンパーはリフレッシュされ、新しいフォグライトやデイライトを獲得。全長も8mm伸ばされている。

スコダ・スパーブ2.0 TDIエボ
スコダ・スパーブ2.0 TDIエボ

フロントグリルの形状も変更され、クロムメッキの割合が増えた。リアハッチ部分には、丸いスコダのエンブレムにかわって、SKODAとレタリングが並べられている。インテリアも同様にわずかに手直しされ、クロムメッキ・パーツが追加されたほかは、デジタル・インスツルメントを獲得したのが大きな変更点となる。

フェイスリフトに合わせてエンジンのラインナップも刷新されている。新しく150psの1.5Lガソリンターボと、150psの2.0ディーゼルターボが追加。2020年までにはスコダとしては初めて電化技術の導入となるプラグイン・ハイブリッドモデルのスパーブiVも登場する予定だ。英国には入ってこないのだが、オフロード・クロスオーバーとなるスパーブ・スカウトも登場する。とてもスマートなスタイリングで、英国への導入がないのが残念。

 
最新試乗記