[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

イヴォークの駆動系を移植 ランドローバー・ディスカバリー・スポーツに試乗

2019.11.14

100字サマリー

上品な走りに広々とした車内。実用性も高く車内の仕上がりも良好なディスカバリー・スポーツ。車体の重さがD180のネックですが、道を選ばないファミリーSUVとして、真っ先に選びたいクルマだと英国編集部は評価します。

もくじ

新プラットフォームを移植しハイブリッド化
イヴォークの駆動システムを獲得
黒子のようにオフロード走行を支援
目に見えない部分での大きな進化
ランドローバー・ディスカバリー・スポーツD180 AWD SEのスペック

新プラットフォームを移植しハイブリッド化

text:Richard Bremner(リチャード・ブレンナー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
つい最近までは、このD180はディスカバリー・スポーツで一番人気のグレードだった。だがディーゼルエンジンの不人気で陰り気味。

それでも43.7kg-mという太いトルクが低回転域から得られるという事実は、オフロードモデルにぴったり。定員7名のファミリーSUVとしても、トレーラーを牽引する目的としても、ディーゼルエンジンの有効性は確かだと思う。

ランドローバー・ディスカバリー・スポーツD180 AWD SE
ランドローバー・ディスカバリー・スポーツD180 AWD SE

ディスカバリー・スポーツはこれらの機能に加えて、とても快適な長距離移動手段でもある。質感の良い180psの2.0Lターボディーゼル・エンジンとの組み合わせなら、燃費もさほど気にせずに走れる。ただし、旧フリーランダーの直系の子孫という関係上、車重が1953kgもあることが玉に瑕。

この質量は、これまでのディスカバリー・スポーツよりも僅かに増えている。その理由は電圧48Vによるマイルド・ハイブリッドシステムを搭載したことと、9速ATが採用されたことに伴う。同時に、燃料タンクも大型化されているのだ。

しかし実は、この他にも多くの変更点を受けている。バンパーやライト周りのデザインが変更されただけではない。ディスカバリー・スポーツは大々的な移植手術を受けており、まったく新しい車体骨格、プラットフォームで成り立っているのだ。

 
最新試乗記