海外ニュース

2017.03.17

雪景色に登場 次世代型ロールス・ロイス・ファントム 雪上テスト進行中

次世代型のロールス・ロイス・ファントムは、2018年に登場予定の新型モデル。開発はこんな現場でも進められている。

次期ロールス・ロイス・ファントムは、新開発のアルミニウム・アーキテクチャーと、ゴーストにも似たデザインのヘッドランプを採用するなどリフレッシュされたエクステリア・デザインを与えられる。

新しいファントムはこうなる

雪景色のなか、颯爽と走り抜けるファントムは、生産モデル用のエグゾースト・パイプやドアミラーを装備している。また、フロント・バンパーのエア・ベントが拡大されるほか、ワイド・サイズになったフロント・グリルが目を引く。

リアは、現行ファントムよりも突出感が少なくなり、トランクからバンパーまでが流れるようなデザインとなっている。ただし、ひと目見てファントムだとわかるフォルムには変更がない。

エンジンは、現行ファントムに使われる6.75ℓのV12のパワーアップ版か、ドーンで使用される6.6ℓV12のチューンナップ版が搭載される見込みだ。


▶海外ニュース / 次世代のロールス・ロイス・ファントム、LAでのテストを読者がキャッチ

 
最新海外ニュース