[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

メルセデス・ベンツ次期Cクラス、EVの存在否定 「EQ」として投入

2018.03.29

100字サマリー

Cクラスに電動化モデルが登場することはないようです。代わりにメルセデスはEQシリーズに同じようなサイズのサルーン・モデルを設定することにしました。MEAモジュールを共有するメルセデスの電動化モデルたちに共通するのは、スペース効率に優れたパッケージングです。

もくじ

EQサルーン、C/Sクラスの電動化に替えて
モデル名「EQ C」にならず HVに注力

EQサルーン、C/Sクラスの電動化に替えて

Cクラスに電動化モデルが設定されることはないようだ。代わりにメルセデスが送り出すのは、EQの名を冠した同サイズのゼロエミッション・モデルとなる。

Cクラスのチーフ・エンジニア、クリスチャン・フルーは、この情報を認めつつ、電動サルーン・モデルにはCクラスとは異なるデザインが与えられると話す。

EQのコンパクトサルーンは、既にその発売計画が確認されているEQ AハッチバックとEQ C SUVのラインナップに加わることになる。

昨年メルセデスはAUTOCARに対して、大型サルーン・モデルについても、ゼロエミッションのSクラスに替えてEQモデルを登場させる同様の計画があることを明らかにしている。

2025年までに、メルセデスは10の電動化モデルを発売するとしており、これらのモデルは全てModular Electric Architecture(MEA/モジュラー・エレクトリック・アーキテクチャ)を共有することになる。

「スケートボード」シャシーを特徴とする多くの電動化モデル同様、とりわけインテリア・スペースを中心に、優れたパッケージングをもつモデルとなるだろう。

 
最新海外ニュース