海外ニュース

2018.09.07

メルセデス・ベンツ EVモデルの意匠、過激に グリル廃止否定「クルマの表情」

編集部より

メルセデスは初のEVモデル、「EQC」を先日発表しました。このモデルは比較的GLCとも似たデザインを与えられていますが、今後のEQシリーズ車はより未来的なルックスとなるようです。ただし、特徴的なフロントグリルはEVにも残るとのことです。

もくじ

デザインはさらに革新的に
フロントグリルは必要

デザインはさらに革新的に

メルセデス・ベンツのEQ担当マーケティングボス、ジョルグ・ハイナーマンによれば、今後登場するEVはEQCよりもさらに特徴的なデザインを与えられるという。

メルセデスは2022年までに10車種のEVを投入するとしているが、EQCはその最初のモデルだ。これらのモデルはマイルドハイブリッドやプラグインハイブリッドなどと並び「EQ」のサブブランドの下に展開される。

EVに独自のデザインを与えるメーカーも多い中で、メルセデスはEVであっても今までのデザインを好むひとにも受け入れやすいルックスとしてきた。

「EQCは(似たサイズの)GLCに近いデザインですが、今後のEQモデルはより独自のデザインとなるでしょう」とハイナーマンはいう。「われわれは一歩ずつ変化を進めていきます」

next pageフロントグリルは必要

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ