ニュース

2019.01.28

実車 マクラーレン720Sスパイダー 透明度の変わるエレクトロクロミック・ガラスとは?

編集部より

マクラーレン720Sスパイダーの詳細写真をご覧ください。ルーフガラスの透明度が変化する様子、ルーフ開閉の流れを、「すべての画像をみる」から連続写真で確認できます。

photo: Kazuhide Ueno(上野和秀)

ルーフガラス、色が変化

マクラーレンの新たなフラッグシップ・モデル、「720Sスパイダー」が日本で公開された。その実車を撮影してきたのでご紹介しよう。

発表会では、マクラーレン・オートモーティブ・アジアの平田寿樹リージョナル・セールスマネージャーが、720Sスパイダーのテクニカル・スペックについて解説。「720Sスパイダーの最も素晴らしい機能として360°の視野」が注目のテクノロジーであると説明した。

具体的には、スパイダーモデルの問題点として、シート後方にルーフを格納するため本質的に車外が見えづらいことを挙げている。マクラーレンが採った解決策は、第1にルーフ部に大きなエレクトロクロミック・グラスをオプション設定したこと。これは、ボタン操作ひとつでガラスの透明度を変化させるものだ。

これを低い隔壁、ガラス張りのフライング・バットレス、スリムなAピラーと組み合わせることでドライバーの視野を確保。スーパーシリーズのスパイダーに比べ、肩越しの視界が12%向上しているという。

エンジン:4.0ℓツインターボV8
最高出力:720ps/7500rpm
最大トルク:78.5kg-m/5500-6500rpm
トランスミッション:7速SSG
乾燥重量:1332kg
荷室容量:前150ℓ、後58ℓ
0-100km/h加速:2.9秒
0-200km/h加速:7.9秒
最高速度:341km/h(オープン時は325km/h)

アンヴェールに先立ち登壇したマクラーレン・オートモーティブ・アジアの正本嘉宏 日本支社代表は、世界で4番目のマーケットである日本市場は、2018年の販売台数が200台の大台を超え、222台に達したことを明かした。これは2017年と比較して44%プラスという記録である。

また昨年開催された日本におけるマクラーレン最大のイベント「トラック・デイ」には81台が集まり、175人のゲストを迎えることができたという。年々拡大しているこのイベントを引き合いに出し、「様々なカスタマーイベント、体験イベントを通じて、さらに多くのお客様にマクラーレンの世界、マクラーレンのドライビングエンゲージメント、そうした素晴らしさを提供していきたい」と今後の展望を語った。

マクラーレン720Sスパイダーの日本価格は3788万8000円〜となっている。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ