次期ロールス・ロイス・ゴースト 公の場に初登場 車重増、6.6ℓV12搭載?

公開 : 2019.01.28 17:10

来年登場すると予想される次期ゴーストのカモフラージュ姿が目撃されました。親会社のBMWが本拠地を置くドイツで目撃されたということもあり、開発などはBMWの施設で行われていると予想されます。

もくじ

次期ゴースト 気になる変更点は
技術的なスペックはまだ不明

次期ゴースト 気になる変更点は

ロールス・ロイスのフラッグシップモデル、ファントムのひとつ下のクラスを受け持つゴーストは2010年の登場以来、何度かのマイナーチェンジを施しながらアップデートされてきた。

次期ゴーストは昨年発表されたSUVのカリナンに続いて登場する、ロールス・ロイスにとって重要なモデルとなっている。

撮影されたスパイショットはドイツで撮影され、カモフラージュ姿のゴーストが他のロールス・ロイスの車種と一緒に積載車に載せられているというものだ。

次期ゴーストはグッドウッドにあるロールス・ロイスの本拠地で製造されると期待できるが、研究や開発などは親会社のBMWのドイツ国内の施設で行われているとみられる。

カモフラージュ姿の車体を見てみると、Mフロント部はよりファントムらしい角ばったデザインになっているのが確認できるが、リアはより曲線を重視し、後方に斜めに落とされているの特徴的だ。

インテリアはまだ目撃されてはいないが、他のロールス・ロイス同様、伝統的なデザインと先進的な機能や装備を組み合わせたものになると予想される。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
×