英の名門モーガン、イタリア資本に ラインナップ拡充へ多額投資

2019.03.06

サマリー

イタリアのベンチャー資本から投資を受けた110周年のモーガンは、それを元手にニューモデル開発を進めようとしています。目指すは売り上げ倍増だとか。英国の古豪、チャレンジの結末やいかに。

もくじ

英国の名門はイタリア資本に
アストンの躍進にもイタリアンマネーが貢献

英国の名門はイタリア資本に

モーガンが、イタリアの投資ベンチャーであるインベストインダストリアルへ株式を売却。それを元手に、モデルレンジと生産設備の大幅拡充を図る計画が実現できると、この名門スポーツカーメーカーは説明している。ジュネーブ・ショーでのアナウンスによれば、この「非常に大きい新たな資本投下」により、インベストインダストリアルはモーガンモーター社の筆頭株主になったという。ただし、その投資額についての明言は避けられている。

イタリア資本の支配下になったとはいえ、創業者一族はもちろん、経営陣や従業員も、これまでどおり自社株を保有し続ける。こうした新体制下で、19年ぶりの完全新作であるプラスシックスを発表したことは既報の通りだ。

モーガンのドミニク・ライリー会長は語る。「モーガンは最近2年で過去最高の成功を収め、今後はそれを礎として、長期的な未来を確固たるものにしていきたいと思います。新たなパートナーは、わたしたちを成長させ、グローバルに本領を発揮させてくれる、この上なく適任の相手です。セールスを増加し、マーケティング活動を世界に拡げ、アップグレードし、工場やビジターセンターへ投資する助けとなってくれます」

 
最新海外ニュース

人気記事