[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

次期シビック・タイプR、ハイブリッド化の見通し NSXの方式か 電動化の一環

2019.03.06

100字サマリー

ホンダが今日発表した電動化プランによると、次期シビックタイプRはハイブリッドのパワートレインが設定されるようです。ただ、ハイブリッドといっても大衆車レベルのものではなく、NSXのようなパフォーマンス重視のセッティングのものを搭載するそうです。

もくじ

ホンダが目指す電動化の未来
より一層需要が増す電動モデル

ホンダが目指す電動化の未来

2021年ごろに登場すると予想される次期シビックタイプRはNSXと似たようなハイブリッドシステムを搭載するとみられる。完全なEVパワートレインを使用するよりも、幾度となくテストされたパフォーマンス用のハイブリッドが採用される見通し。

NSXのハイブリッドシステムは3.5ℓV型6気筒ツインターボエンジンを中心に、3つの電気モーターを組み合わせて合計581psを出力する。シビックタイプRにはNSX並みの性能が求められないため、電気モーターと組み合わさった2.0ℓエンジンが採用されるとみられます。これにより、0-100km/h加速を5.8秒で行う現行モデルよりも素早いパフォーマンスが期待できます。

ジュネーブモーターショー2019の場で発表されたこの計画はホンダ全体の電動化計画の一環を担う。ホンダは2025年までに欧州市場全体の車種をすべて電動化すると打ち出している。

2年前、ホンダは2025年までに欧州の販売台数の2分の3を電動化モデルにすると発表。だが今回、より進んだ電動化をより厳しい計画で目指していくこととなった。

ホンダモーターヨーロッパのトム・ガードナー副社長は「2017年3月にその計画の実行を宣言して以来、電動化に向けての準備が着々と進んでいます。よりクリーンなモビリティ社会を実現するためにも、さまざまな環境的な課題をクリアしていきます。断固とした計画には確かな技術が必要であり、消費者がクルマに求める価値観は変わってきています」と話した。

 
最新海外ニュース