[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

新型スープラ 開発責任者のことばを紐解く トヨタが考えるFR像とは

2019.01.06

100字サマリー

昨年末の新型トヨタ・スープラ・プロトタイプ取材では、開発責任者の方にお話しを伺うことができました。多田哲哉さんが譲れなかった点、86の開発で思い知らされたこととは?

text: Hiromune Sano(佐野弘宗)
photo: Keisuke Maeda(前田恵介)

もくじ

「内外装はスープラ専用」
たんなるZ4への便乗ではない
「後からではどうにもならない」パッケージ
楽しいクルマ 「ニュルよりも……」

「内外装はスープラ専用」

新型スープラは年明け早々のデトロイトショーで公式デビューする予定であり、カムフラージュを施したプロトタイプによるメディア向け試乗会も国内外で開催された。ただ、そんな2018年末の取材時点でも「具体的な数字は明かさない」、そして「兄弟車の新型BMW Z4にかかわるコメントはいっさいしない」という態度をトヨタはくずしていない。

もっとも、新型スープラにまつわる数値で、現時点で明らかになっているものがひとつだけある。それは86に続いてスープラでも開発責任者をつとめる多田哲哉氏が「(昨年3月の)ジュネーブショーで思わずしゃべっちゃった」と笑うホイールベースだ。スープラのそれは2470mm。ご想像のとおりZ4と同寸である。

このことからも分かるように、新型Z4とスープラは基本ハードウェアを共用する。実際の基本設計作業や生産技術の開発はBMWが担当。生産は2台ともオーストリアのマグナ・シュタイア社に委託される。

見るかぎりボディパネルはすべてスープラ専用だし、室内のカムフラージュ用黒幕からのぞくダッシュボードも写真で見るZ4とは別物だ。事実、多田氏も「内外装デザインはすべてスープラ専用」と語っている。この点はバンパーやランプ類その他、細部部品のみの差別化にとどまる86/BRZと大きく異なる。まあ、そもそもZ4が電動格納ハードトップのロードスターなのに対して、スープラはクーペというボディ形式からしてちがうが……。

 
最新国内ニュース