改良新型メルセデス・ベンツGLCクーペ マイルドHV登場 内装/エンジンは?

2019.03.20

サマリー

改良型M・ベンツGLCクーペが、発表されました。先ごろ欧州でフェイスリフトされたGLCのクーペ版です。外観/内装/エンジンの変更を、画像15枚でご紹介します。

ガソリン/ディーゼルを用意

メルセデス・ベンツは、GLCクーペのフェイスリフト・モデルを発表し、画像15枚を公開した。モデルライフ半ばのマイナーチェンジは、内外装のアップデート、マイルドハイブリッド仕様の追加、先進安全装備の充実という内容だ。

エクステリアは、ダイヤモンド・フロントグリル、リア・デフューザーの意匠変更を行い、なだらかなルーフラインのクーペスタイルに新しい味付けを加えた。

欧州では、2.0ℓの直4ガソリン、ユーロ6d規制対応のディーゼルが2020年までに登場する見込みである。

GLC200 4マティック(210ps)、GLC300(270ps)は48Vシステムを採用するEQブーストを搭載すると考えられ、パワーアシストと環境性能向上を図る。

ディーゼルは、200d(163ps)、220d(194ps)、300d(245ps)という3種を当初用意し、イギリスではセールスの大半を担うと予想される。

また、ダイナミック・ボディコントロール・サスペンション(アダプティブ・ダンパー装備)をオプション設定する。しかし、メルセデスから現在のところスペックに関する詳細情報は発表されていない。内装についても見ていこう。

 
最新海外ニュース

人気記事