[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

スマート株50%、中国ジーリーホールディングが取得 Bセグの車種拡充か

2019.03.29

100字サマリー

ボルボやロータスも傘下に収める中国のジーリーホールディングが、スマートの株50%を取得しました。これによってスマートは、中国とドイツ企業の合弁事業となります。

もくじ

スマート・ブランド、独中合弁事業に
現在のスマート工場はメルセデス-EQを生産

スマート・ブランド、独中合弁事業に

中国のジーリーホールディングがスマートの株50%を、メルセデス・ベンツの親会社ダイムラーから買収したことがわかった。両社はこれを認めている。

ボルボやロータスを傘下に収めるジーリーホールディングとダイムラーは、出資比率50対50の合弁事業として、シティカー・メーカーのスマートを運営することになる。同社は現在、電気自動車専門ブランドに変わるための過程にある。

今回の提携により、2022年以降に電気自動車のみのモデルとして登場するスマートの新型車は、中国へ生産が移ることになる。メルセデス・ベンツがこれらの次世代モデルの設計とスタイリングを先導する。開発はジーリーホールディング主導で行われる。

新しい生産計画の詳細は明らかにされていないものの、スマートはBセグメントへラインナップを拡大する見込みだ。

ジーリーホールディングとダイムラー両社の声明によれば、今回の提携はスマートをさらに「プレミアムな電気自動車のリーダー」にしていくことが目的であるという。

 
最新海外ニュース