ポルシェ・カイエンSクーペ発表 2.9ℓ V6ツインターボ搭載、440psのクーペSUV

2019.05.15

100字サマリー

ポルシェ・カイエンSクーペが、発表されました。カイエン・クーペ、カイエン・ターボ・クーペに続いての登場。スペック、ボディサイズをレポートします。

クーペ/ターボ・クーペに続いて登場

ポルシェAGは、カイエン・クーペのモデルレンジに、最高出力440psを誇る2.9ℓV6ツインターボを搭載するカイエンSクーペを追加すると発表した。

56.0kg-mの強大なトルクは力強い加速を実現し、0-100km/h加速は標準装備のスポーツクロノパッケージによってわずか5秒で達成。オプションのライトウェイトスポーツパッケージを装着車では4.9秒だ。

・エンジン:2.9ℓツインターボエンジン
・最高出力:440ps
・最大トルク:56.0kg-m
・0-100km/h加速:4.9秒(ライトウェイトスポーツパッケージ)
・最高速度:263km/h

このほか、カイエンSクーペではパワーステアリングプラス、20インチ・アルミホイール、パークアシスト、サラウンドビューカメラおよびポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)が標準装備となる。

今回、340psのカイエン・クーペ、550psのカイエン・ターボ・クーペに続いて、カイエンSクーペが追加されたことでSUVクーペのモデルレンジが強化されたことになる。

モデルレンジのハイライトは、よりシャープになったプロポーション、アダプティブ・リアスポイラー、2つのルーフコンセプト、独立したシートの後部座席などを採用したユニークなリアセクションだ。従来のカイエンと比較して、後部座席は約30mm低くなっている。

2.16㎡の固定式パノラマ・ガラスルーフは標準装備。一方のカーボンルーフ(オプション)は、カイエンSクーペにスポーツカーらしい印象を与えているのが分かるだろう。

 
最新海外ニュース