[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

独アウディ、Q7をフェイスリフト 意匠と装備を一新 全エンジン、電気アシスト

2019.06.26

100字サマリー

アウディはQ7をフェイスリフトし、最近のアウディ車らしいルックスと装備を与えました。全グレードをマイルドハイブリッド化するとともに、PHEV仕様およびディーゼルHVのSQ7も後に追加されます。英国ではスタンダードなQ7は10月に発売される見込みです。

もくじ

全車をマイルドハイブリッドに
装備一新 オプションでハンドリング向上

全車をマイルドハイブリッドに

独アウディは、欧州向けのQ7に大幅なアップデートを加え、スタイリングや装備を一新、3種類のエンジンすべてにハイブリッドシステムを搭載した。

5人乗りまたは7人乗りの仕様が用意され、230psおよび285psの3.0ℓディーゼルおよび340psの3.0ℓガソリンが設定される。

これらすべてに8速ATおよび48Vマイルドハイブリッドシステムが組み合わされ、最大40秒間のコースティング走行が可能となっている。

少し後にはプラグインハイブリッド仕様や、よりホットなSQ7が追加される予定だ。AQ7にはSQ8と同じく4.0ℓTDIにマイルドハイブリッドを組み合わせ、435ps、91.8kg-mとなっている。

この改良型Q7は最近の他のアウディ製SUVと同様のグリルやLEDヘッドライトが標準で装着される。リアは左右のテールライトを結ぶクローム製ストリップが特徴だ。

以前と同じプラットフォームを使用しており、ホイールベースは2994mmで変わらないものの、全長は11mm伸びて5063mmとなっている。

 
最新海外ニュース