[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

ベントレーCEO、EV開発を明言 「顧客の期待に応えられるのは2025年頃」

2019.07.10

100字サマリー

ベントレーの顧客にもEVを求める声は明らかに高まっているようです。しかし、現在の内燃エンジン搭載車と同等の航続距離を実現するクルマが量産できるようになるのは、2025年頃だろうと同社CEOが語りました。

もくじ

純粋なEVなら顧客の好感度は30%増
現状では難問を解くことが不可能
800Vの超急速充電に期待

純粋なEVなら顧客の好感度は30%増

ベントレーは電気自動車の開発を「急いでいる」という。

しかしこのテクノロジーは2025年にならないと顧客の期待には応えられないだろうと、同社のエイドリアン・ホールマークCEOは語る。

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで話を聞いた際、ホールマークは顧客調査のデータを挙げ、ベントレーのオーナーや購入の意思がある顧客は、他の超高級ブランドの顧客より30%以上も多く、EVを求めていることを示した。

さらにコンセプトカーから顧客の声を集めたデータによると、そのクルマが純粋なEVであれば好感度は30%高まるという。

「確かに、わたしは電動ベントレーの開発を急いでいます」とホールマーク。

「最前線にいることが求められるブランドとして、EVに対する顧客からの絶対的な要求があることは明らかです。そこには新たにターゲットとなるEVを求める顧客のグループも含まれます」

「排ガス規制に従うためというだけでなく、それをお客様が求めているのです」

現状では難問を解くことが不可能

「しかし、問題はわれわれの価値に見合うEVを作れるかということです。現状では不可能と言わざるを得ません。解決しなければならない難問はたくさんあります」

「十分なバッテリーのエネルギー密度、それを効率的に制御するバッテリー・コントロール・モジュール、空力や転がり抵抗など様々なパラメーターができるだけ効率的なクルマを作ること」

「現在の技術では、片側のライトしか点灯できないバッテリーを購入するようなものです。適切なサイズで、航続距離も妥協しないバッテリーが、ベントレーには求められます」

「十分な距離を走行可能で、しかも重すぎないバッテリー。現状ではこの方程式を解くことができません」

「われわれは様々な角度からこの問題と格闘しています。それはわたしの信念でもあります。今のところ、知らされている試算の結果は明らかにゴールではありません」

「お客様の期待に応えられる航続距離と高性能を持つクルマを作ることができるようになるのは、2025年頃でしょう」

 
最新海外ニュース