ポルシェ/アストン/ジャガー チーフエンジニア鼎談 スポーツカーの未来は安泰

2019.07.20

100字サマリー

最高のドライバーズカーのチーフエンジニア3人に、仕事上の苦労やもっとも影響を受けた人物、それぞれが選ぶ最高のドライバーから、個人的な好みまで、さまざまな質問をぶつけてみました。数々の興味深い答えとともに明らかとなったのは、スポーツカーの確かな未来です。

もくじ

最高の3人 初の試み
完璧主義者? 若手エンジニアについて
もしやり直すなら? 電動化の影響
パワー競争の行方 最高のドライバーズカー
組織vs個人? 極秘プロジェクト
SUVの功罪 最高のドライバー
影響を受けた人物 スポーツカーの未来

最高の3人 初の試み

だれでも良い。世界中から3人を集めて、同じテーブルでクルマについて語り合ってもらおう。

速いクルマ、興味深いクルマ、毎日乗れるクルマ、ドライバーズカー、EV、モータースポーツといった話題についてだ。

誰を選ぶべきだろう?

クルマについて語ってもらうなら、この3人以上の人物はいない。アストン マーティンが誇るビークルエンジニアリングのチーフエンジニア、マット・
ベッカーに、ジャガー・ランドローバーの車両開発チーフエンジニア、マイク・クロス、そして、ポルシェでハイパフォーマンスモデルの責任者を務めるアンドレアス・プロイニンガーだ。

世界最高のドライバーズカーのチューニングを行い、そのキャラクターを決めている彼ら3人は、自動車業界でもっとも影響力のある人物であり、AUTOCAR読者にとっては、それぞれが馴染み深い存在だろう。


彼らは、われわれが夢見ることしかできないような、驚くべき経験を長年にわたって積み重ねてきたのであり、それぞれが、非常に印象的な人物でもある。

それぞれとは定期的に話をする機会はあったが、それも3人別々にであり、同じテーブルに付いて、スポーツカー業界の噂話や、それぞれの実績、さらには、自動車好きの未来における希望や懸念を話し合うことはなかった。

だが、それも過去の話だ。

 
最新海外ニュース