ニュース

2019.09.14

字幕付き動画 フランクフルト・モーターショー 必見の12台

編集部より

先日開催されたフランクフルト・モーターショーの中から、英国編集部が必見だと考える12台を選りすぐってご紹介します。ハイパーカーから小型EVにコンセプトカーまで、話題のクルマたちを動画でお楽しみください。

もくじ

速さと実用性を兼ね備えた新型車
ランボのHV/期待のディフェンダー
風変わりなコンセプトも

速さと実用性を兼ね備えた新型車

フランクフルト・モーターショーは、現在欧州で最大規模のモーターショーだ。出展された数々のクルマの中から、必見のモデルをご紹介しよう。

まずはアウディRS7と、その姉妹車であるRS6だ。ガレージに2台を収めるなら、誰もが1台はこんな大きく実用的で速いクルマを選ぶだろう。4LのV8ツインターボを搭載し、600psを発生、最高速度は304km/hに達する。英国では2020年1月に発売予定だ。

次はBMWコンセプト4。これは次期型BMW4シリーズや、2021年に登場予定のi4のルックスをプレビューしている。BMWによればすでに85%の完成度で、おおむねこの通りの見た目で登場するだろう。内部を見ることはできないが、おそらく2Lから3Lのガソリンおよびディーゼルエンジンが搭載され、PHEVやM4も予定されている。

ポルシェは今回、EVのタイカンを発表した。ターボとターボSという名前だが、もちろんターボ付きではない。ターボSでは最大761psを発生し、0-97km/h加速は2.8秒だ。そのレスポンスは内燃機関の5倍とも言われ、ニュルブルクリンクを997型GT3と同タイムで走ることができる。

 
最新海外ニュース