ランドクルーザー 全世界で累計1000万台販売 トヨタ「今後も唯一無二の存在に」

2019.09.20

100字サマリー

ランドクルーザー・シリーズの全世界の累計販売台数が1000万台を越えました。1951年トヨタジープBJ型の発売以降、68年間で達成。年間グローバル販売台数は約40万台。

もくじ

約170の国と地域で販売 1000万台を突破
世界各国 過酷な状況でも活躍

約170の国と地域で販売 1000万台を突破

ランドクルーザー・シリーズの全世界の累計販売台数が、1000万台を越えた。

1951年8月1日トヨタ・ジープBJ型の発売以降、68年間で達成したもの。ランドクルーザーはトヨタで最も長い歴史を持つロングセラーでもある。

1951年 トヨタ・ジープBJ型
1951年 トヨタ・ジープBJ型

初代発売から4年後の1955年11月に投入した20系で本格的な輸出を開始。当初、年間100台にも満たなかった輸出台数は、10年後の1965年には1万台を越えるようになった。

現在では、約170の国と地域で販売しており、年間グローバル販売台数は約40万台。

世界各国 過酷な状況でも活躍

ランドクルーザーの歴史は「トヨタQDR」(Quality:品質 Durability:耐久性 Reliability:信頼性)の象徴であるとトヨタは説明する。

アフリカのブルンジでは、マラリアに罹った子供を病院に移送、ウガンダの難民キャンプでは診療所に患者を運んだり、人道支援の面でも活躍をしている。

ランドクルーザーを使った、コスタリカのニンジン収穫風景。
ランドクルーザーを使った、コスタリカのニンジン収穫風景。

オーストラリアでは、亜鉛/銅鉱山の地下1600mの坑内の移動車として、兵庫県とほぼ同じ広さを持つ広大な牛放牧牧場で牛の追い込みに使われたりもする。

中米コスタリカでは、標高3500mの人が立つのもやっとという急斜面でニンジンの収穫の足として使用されるという。

「今後もランドクルーザー開発では、お客様の期待に応え、期待を超えていくためにも、世界中のあらゆる道で使われることを想定し、最も厳しい基準を自らに課し、唯一無二の存在を目指したクルマづくりを続けてまいります」とトヨタはコメントする。

 
最新海外ニュース