【2019年 最高のスーパーSUV10選】サルーンとも戦えるパフォーマンス

2020.01.04

サマリー

ラグジュアリー、パフォーマンス、走破性。これらすべてを兼ね備えるスーパーSUVというカテゴリーに属するクルマは、ほんの10年前まではほとんど存在していませんでした。そんなスーパーSUVたちの中でも特に突出した10台をご紹介しましょう。

もくじ

10位 アストン マーティンDBX
9位 メルセデスAMG GLS63
8位 ツイステッドT40S
7位 BMW X7 M50i
6位 ロールス・ロイス・カリナン
5位 メルセデスAMG G63
4位 ランボルギーニ・ウルス
3位 バウラー・ブルドッグV8
2位 レンジローバーSVオートバイオグラフィー
1位 ベントレー・ベンテイガ

10位 アストン マーティンDBX

この利益率の高い市場に参入すべく、アストン マーティンは初めてのSUVを発表した。

2015年ジュネーブ・モーターショーでお披露目されたDBXコンセプトをベースとし、市販型もDBXと名付けられた。

アストン マーティンDBX
アストン マーティンDBX

4WDシステムも初めて採用され、上位グレードに搭載されるアストン製5.2L V12は素晴らしいサウンドを発生する。

メルセデスAMG製のV8を搭載するグレードに加え、完全電動仕様も登場予定だ。

9位 メルセデスAMG GLS63

メルセデスは「SUVのSクラス」と表現しているが、インテリアはアウディQ7に負けている。

とはいえQ7でもこのメルセデスの濃いキャラクターにはかなわないだろう。

メルセデスAMG GLS63
メルセデスAMG GLS63

そしてこれよりドラマティックなエンジンを搭載するSUVも少ない。5.5LのV8ツインターボは585psを発生し、この巨大なSUVを100km/hまで4.6秒で加速させる。

このスケール感とパワーがお好みなら、レンジローバーSVオートバイオグラフィーを除けばこのGLS63よりぴったりのクルマはないだろう。しかもあちらより3万5000ポンド(500万円)も安いのだ。

8位 ツイステッドT40S

初代ディフェンダーの欠点は、お金をかければ解決するというほど簡単ではない。このクルマに乗り込んで見れば、たしかにディフェンダーだ。

T40のシートは良く出来ており、モモ製のステアリングによりニースペースは若干拡大している。しかしドライバーにとって快適ではなく、長距離走行では洗練されていないのも事実だ。

ツイステッドT40S
ツイステッドT40S

われわれがテストした車両は11万6000ポンド(1643万円)だが、その価値があるだろうか。客観的に言えばノーだ。しかし、このクルマを実際に買おうと思うひとと、われわれの金銭感覚には大きな隔たりがあるだろう。

この価格を支払うことさえできれば、特別なサービスとともに素晴らしいハンドリングと改善されたハンドリングを持つディフェンダーが手に入るのだ。

 
最新海外ニュース

人気記事