【F1から国産旧車まで】BH東京テラダ・ジャニュアリー・オークション、1/12開催 注目車は?

2020.01.05

サマリー

東京オートサロンの競売に続き、その週末には「東京テラダ・オークション」も開催。F1マシンから国産旧車まで用意され、見逃せません。注目車をご紹介しましょう。

もくじ

2020年最初の東京オークション
注目は2台のF1マシン
あらゆる趣味車を出品
開催日 1月12日

2020年最初の東京オークション

text :Kazuhide Ueno(上野和秀)
photo:BH AUCTION

新年を迎えた日本のコレクターズカー・オークションは連続して2つが開かれる。

1月10日に東京オートサロン(幕張メッセ)で行われるスーパーGTオークション。それに続き、同週末の11〜12日には恒例となった「東京テラダ・ジャニュアリー・オークション」が東京都・寺田倉庫で開かれる。

ロットNo.13 1989年フェラーリF40 予想落札額:8000〜1億円
ロットNo.13 1989年フェラーリF40 予想落札額:8000〜1億円

こちらのオークションは古今東西の名車たちを用意して行われるもので、2台のF1マシンからスーパーカー、スポーツカー、国産スポーツカーまで幅広いファンに対応する内容で用意されるのが特徴だ。

取材時点で23台と11点のレアパーツの出品が確定しており、当日までに数台増える可能性もある。

注目は2台のF1マシン

今回用意されたのは、1987年シーズン用にフェラーリが製作した1.5L V6ターボユニットを積むF187。

鈴鹿で復活した1987年のF1日本GPでゲルハルト・ベルガーがポール・トゥ・ウィンを遂げたことから日本のファンにもおなじみのタイプだ。

ロットNo.10 1987年フェラーリF187 予想落札額:近日発表予定
ロットNo.10 1987年フェラーリF187 予想落札額:近日発表予定

このF187はシャシーナンバー099で、1987年のフランスGP、イギリスGP、ドイツGPを闘ったヒストリーを持つ。

スクーデリアから放出後ベルギーのフェラリスティが所有したのち、2008年5月に行われたRMサザビーズ・マラネッロ・オークションに出品され、その後日本のコレクターが所有していたものが姿を現した。

もう1台のF1マシンは1981年シーズンに向けてロータスが理想的な空力性を実現するために製作したツイン・シャシーを備えるロータス88Bだ。しかし革新的すぎたためFIAの公認を得られず、実戦に参加することができなかった悲運の先進マシンだ。

このロータス88Bは、ヒストリックF1シリーズで活躍するクラシック・チーム・ロータス・ジャパンを率いる久保田克昭氏のコレクションカーで、即レース可能な完璧なコンディションに保たれている。エンジンはコスワースDFVを積むので後々のメンテナンスも楽だ。

幻といえるマシンを所有できるだけに満足度も高いだろう。

 
最新海外ニュース

人気記事