【後方スモークガラス対応】セルスターの前後2カメラ式ドライブレコーダー「CS-91FH」 東京オートサロン

2020.01.19

100字サマリー

スモークガラス(リア)に対応したドラレコ、セルスター「CS-91FH」をご紹介します。防犯・監視カメラ向けセンサ技術「STARVIS」の「IMX327」を初採用。夜でもしっかり撮影します。

もくじ

東京オートサロン2020で撮影
後方カメラは新設計
360°撮影も「CS-62FH」参考出品
セーフティレーダー+ドラレコ
ジムニー登場

東京オートサロン2020で撮影

text&photo:Hidenori Takakuwa (高桑秀典)/編集部

ドライブレコーダーなどのカーエレクトロニクス製品を国内工場で一貫生産し、ユーザーにデリバリーしていることで知られるセルスター。

東京オートサロン2020の会場では、2カメラ式の前後同時録画および「ナイトビジョンVer.3」によるフル・ハイビジョン録画が可能なGPS搭載ドライブレコーダー「CS-91FH」などの新製品を展示した。

ドライブレコーダーCS-91FH
ドライブレコーダーCS-91FH

さらに、これから発売する予定の製品(参考出品のドライブレコーダーCS-62FHと同じく参考出品のドライブレコーダーCS-71FWなど)をどこよりも早く特別先行公開した。

夜に強く、高画質で精細な映像を記録できる「ドライブレコーダーCS-91FH」は、スタービスIMX327を搭載しており、前後で高画質録画、(リア)スモークガラスに対応というスグレ物。

スタービス(STARVIS)は、可視光領域に加え、近赤外領域までの高画質を実現した監視カメラ向けのCMOSイメージセンサ技術のこと。近年各社がドライブレコーダーにスタービスを搭載しているが、高い感度の「IMX327」は本製品が業界に先駆けて採用している。

 
最新海外ニュース