【初のスパイ】シトロエン新型C4カクタス 後継の輪郭が明らかに 2021年発売 欧州

2020.01.24

100字サマリー

シトロエンC4とC4カクタスが、全く新しいCセグメント・クロスオーバーSUVとして生まれ変わります。ガソリン、ディーゼル、電動バッテリーのバリエーションを備え、2021年初頭に欧州で発売されます。

新しいCセグメント・クロスオーバーSUV

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

シトロエンは、C4カクタスと生産中止になったC4を全く新しいCセグメント・クロスオーバーとして発表する。

新しいモデルは、2021年初頭の発売に先がけて、今年後半に発表される予定となっている。

シトロエン・クロスオーバーSUV・プロトタイプ
シトロエン・クロスオーバーSUV・プロトタイプ

シトロエンの前CEO、リンダ・ジャクソンは昨年、PSAグループのCMPプラットフォームに、ガソリン、ディーゼル、電動バッテリーを搭載すると述べていた。

初のスパイショットからは、傾斜したルーフラインと隆起したテールゲートが確認でき、いま流行のクーペSUVボディスタイルになることが想像される。

フロントエンド、特に低くつけられたヘッドライトとクラムシェルボンネットのデザインには、シトロエンらしさが残っている。

この新しいモデルには、同じくCMPプラットフォームを採用しているプジョー2008のエンジンが搭載される可能性がある。

この姉妹ブランドのエンジンには、3気筒1.2Lガソリンターボエンジン、4気筒1.5Lディーゼルと、電動パワートレインがある。

画像のプロトタイプには、この電動パワートレインを搭載しているように見える。

プジョーEVモデル、e-2008の航続距離はWLTP値で310km、モーター最大出力は135ps、最大トルクは26.4kgm、バッテリー容量は50kWh。

100kWの急速充電もサポートしている。

シトロエンは、2020年以降発売する全てのモデルに、プラグイン・ハイブリッドまたは完全なEVのオプションを追加し、2025年までには全てのクルマとバンにEVバージョンを追加すると述べている。

 
最新海外ニュース