【意外?】もとは軍事/航空技術 クルマの世界に影響を与えた発明 9選

2020.02.15

サマリー

今日、クルマに使われている技術は、もともと軍事や航空向けに開発されたものが数多くあります。クルマの世界に大きな影響を与えた、その発明の主なものを、AUTOCARがピックアップして紹介します。

もくじ

クルマの世界にインパクトを与えた航空技術
アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)
ヘッドアップディスプレイ
ヒーテッド・ウィンドスクリーン
チタン
V8エンジン
レーダー
GPSナビゲーション
燃料噴射装置
ターボチャージャー

クルマの世界にインパクトを与えた航空技術

text:Tom Evans(トム・エヴァンス)

今日、クルマにつかわれている技術は、もとは軍事や航空向けに発明されたものが数多くある。

わたし達が普段何気なく使っているものも、実はかなり異なる用途や目的を持っていた。

アメリカのロッキード社製SR-71「ブラックバード」偵察機
アメリカのロッキード社製SR-71「ブラックバード」偵察機

アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)

EUおよび米国で生産されるクルマへの装着が義務化されている、アンチロック・ブレーキ・システムは、フランス航空界のパイオニア、ガブリエル・ヴォアザン(1880-1973、写真左)によって発明された。

航空機はしばしば、タイヤを破裂させることなく、前線近くの短い滑走路に着陸、停止しなければならなかった。

フランス航空界のパイオニア、ガブリエル・ヴォアザン(1880-1973)
フランス航空界のパイオニア、ガブリエル・ヴォアザン(1880-1973)

そこで、ヴォアザンは、第一次世界大戦の終わり頃に生産した軍用機(写真右)に、初歩的な機械形式のABS技術を採用した。

クルマに使われているアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)

ABSは、今日のロードカーの最も重要な安全機能の1つだろう。

ほとんどの路面、ほとんどの条件で、各車輪のブレーキ圧力を変化させてロックアップを防ぎ、クルマをより速く停止させることができる。

この技術は、1966年に英国の4輪駆動スポーツカーであるジェンセンFFのロードカーに最初に採用された。

1970年には、電子制御式ABSが、さまざまなクライスラーモデルに採用されたが、メルセデス・ベンツは、1978年にさらに洗練された4輪マルチ・チャンネル・システムをSクラスW116に導入した。

 
最新海外ニュース

人気記事