【新型ディフェンダーの故郷】JLRスロバキア工場を訪問 新たな時代の幕開け

2020.02.22

100字サマリー

新型ディフェンダーの故郷となるJLRのスロバキア・ニトラ工場を訪問しました。新たなテクノロジーが採用されているのはクルマだけでなく、この新しい工場にもさまざまな革新的技術が導入されており、新時代に相応しい生産ラインが実現していたようです。

もくじ

真のチャレンジ
生産能力を確保
まるで別世界
革新的テクノロジー
どんな不具合にも対応
新たな経験 学び続ける
番外編:隠れた自動車大国

真のチャレンジ

2016年のディフェンダー生産終了は、まるでひとつの時代が終わりを告げたようだった。

68年間に及んだその生涯で最後の1台がラインオフする瞬間を見守るため、世界中のメディアがランドローバーのソリハル工場に集まるなど、かつてどんなモデルも成し得なかったことだ。

ニトラ工場で実質的な責任者を務めるのはバーミンガム出身のラッセル・レスリーだ。
ニトラ工場で実質的な責任者を務めるのはバーミンガム出身のラッセル・レスリーだ。

その後の4年間には様々な憶測も流れた。

そして、ついに先代のオフロード性能を保ちつつ、オンロードでの快適性も身に付けたとされる完全新設計の新型ディフェンダーが発表されたのであり、このクルマはスロバキアの新工場で生産されることになる。

ニトラにあるこの新工場はディスカバリーの生産開始に伴ってソリハルから移転したものであり、2018年10月に稼働を開始している。

ニトラ工場の実質的な責任者、ラッセル・レスリーはバーミンガム出身のナイスガイであり、ディフェンダーの生産ラインを含め、26年間に渡り世界中のJLR工場で働いた後、ここスロバキアへとやって来た。

ディスカバリーは生産工程が確立されていたため、ニトラへの生産移転は通常よりも簡単だったものの、いままさに真のチャレンジが始まったのだと彼は話す。

「世界中がわれわれに注目しています。ディフェンダーの生産に携われることはこの上ない名誉です」

もちろん、新型が英国で生産されないことを嘆く純粋主義者もいる。

レスリーは、「いまわれわれは世界中に生産拠点を拡げているところです。デザインとエンジニアリングに関しては英国製品であることにこだわっています」と、話している。

「将来モデルへの対応のため、英国にある工場のスペースをチェックしました。その結果、移転が必要だと判断されたのです」

「ニトラの新工場は新たな市場へのアクセスを可能にするとともに、為替の影響を軽減してくれます」

 
最新海外ニュース