【新モデル2種】ランドローバー、新たなエントリーモデル/ディフェンダー高級EV版を計画か

2019.12.12

サマリー

ランドローバーが、新たなエントリーモデルならびにディフェンダー高級EV版を計画しているとAUTOCAR英国編集部が報じました。2種の新モデルを詳細に予想し、ハードルを冷静に見つめた記事です。

もくじ

エントリーモデルとディフェンダーの高級EV
ディフェンダー新型派生EVの詳細
「L860」 どんなポジションになる?
「L860」を製品化する際のハードル
鍵をにぎる「オメガ・アーキテクチャー」
2種の新型モデル いつ頃の登場か?

エントリーモデルとディフェンダーの高級EV

text:Hilton Holloway(ヒルトン・ホロウェイ)

ランドローバーは、今後5年間で2つのモデルをラインナップに追加する予定だ。

1つは、長い間議論されてきたエントリーモデルの追加。

ランドローバー新型エントリー車のAUTOCAR予想イメージ。
ランドローバー新型エントリー車のAUTOCAR予想イメージ。

新しい5ドアのエントリーモデルの目標価格は約2万5000ポンド(357万円)である。従来のモデルよりも安くなると見込まれる。

コードネームは「L860」とされており、発売は2021年の予定。

もう1つは、ディフェンダーをよりスポーティ、かつ高級志向に仕立てたモデルである。

ディフェンダー新型派生EVの詳細

一方、ディフェンダーシリーズの新型派生モデルの発売は4年後と言われている。

シャープでスリムなスタイル、高級感のある内装を持つEVであり、価格は10万ポンド(1428万円)を超える見込みである。

2011年に発表され物議を醸したコンセプトモデル「DC100コンセプト」
2011年に発表され物議を醸したコンセプトモデル「DC100コンセプト」

エントリーモデルのスタイリングは、新型ディフェンダーと初代ランドローバーをモチーフにしていると言われている。

2011年に発表され物議を醸したコンセプトモデルである、DC100コンセプトほど角ばった機械的なデザインにはならず、洗練されたものになると思われる。

内装についても、新型ディフェンダーで使われているシンプルで機能的なインテリアに似たものとなると思われる。

価格の違いを考えると、装備は簡素化されるものと予想される。

 
最新海外ニュース

人気記事