【新型ディフェンダーの故郷】JLRスロバキア工場を訪問 新たな時代の幕開け

公開 : 2020.02.22 18:50

番外編:隠れた自動車大国

スロバキアと聞いて何を思い浮かべるだろう?

おそらくビールやお城が頭に浮かぶだろうが、自動車産業でないことは間違いないだろう。

ニトラ工場で働くスタッフのほとんどが地元出身者だ。
ニトラ工場で働くスタッフのほとんどが地元出身者だ。

それでも、2007年以降、驚いたことにこの中央ヨーロッパの国は人口当たりで世界最大の自動車生産大国となっている。

去年は人口1000人あたりで202台の車両を生産しており、その合計数は110万台に達している。

ジャガーランドローバーに加え、キアにPSAグループ、さらにはフォルクスワーゲンUpや高級SUVのアウディA7ポルシェカイエンなどを生産するフォルクスワーゲングループもこの国に進出しているのだ。

自動車業界全体で約27万5000人の新規雇用を創出している。

地元政府のサポートが受けられるニトラでは、2015年12月に11.2%だった失業率が2019年12月には2.1%にまで改善しており、これはこの地で最低の数値だ。

かつては農業国だったスロバキアだが、いまでは全産業の50%を自動車関連が占めるまでになっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ランドローバーの人気画像