【実物を見て分かった】マクラーレン・エルバ 6つの見どころ デザイン・プロトで解説

2020.04.08

サマリー

マクラーレン・エルバには、6つの見どころがありました。ドアの内部を貫くエアフロー、内装の素材、ニルバーナ・エグゾースト。写真でご紹介します。

もくじ

スパイダー・モデルと、どう違う?
エアロ・プロテクションとは
そのサイズ、3m 長大なボディパネル
濡れても平気? 内装の話
エグゾースト 高音・中低音 2系統
フロントウインドウ装着車も
懐かしのカラーリング MSO仕様

スパイダー・モデルと、どう違う?

text&photo:Kazuhide Ueno(上野和秀)

英国のスーパーカーメーカー、マクラーレンが公開した約2億円の限定モデル「エルバ」。日本上陸したデザイン・プロトを取材して分かった、注目点とメカニズムをお伝えしよう。

英マクラーレン・オートモティブが創業から送り出してきたモデルは、すべてクローズド・コクピットで、オープンタイプのスパイダーもその派生形だった。

エルバを象徴するのがオープン・コクピットだ。
エルバを象徴するのがオープン・コクピットだ。

そうした流れの中で送り出されたエルバは、いわゆる“ロードスター”とは一線を画す“オープン・コクピット”なのである。

ロードスターとの違いはなんだろう? それはウインド・スクリーン、ルーフ、サイドウインドウを持たないピュアなスタイリングにある。

マクラーレンはそのコンセプトを「ドライバーの五感で最高のドライビング・エンゲージメント」を味わうためのものと、話している。

それを理解するためのキーが、現行アルティメット・シリーズにおける「エルバ」の位置づけ。

「セナ」は最もサーキット走行を突き詰めたモデル。「スピードテール」は最高速を追及したモデル。その間に位置するのが「エルバ」であると説明された。

この立ち位置に、エキサイティングなオープン・エア・モータリングを融合させ、新しい価値を提供するのである。その走りのイメージは、「スカイダイビング」に近いという。

 
最新海外ニュース

人気記事