【新世代のデジタルモデル】次期型メルセデス・ベンツSL オリジナルのDNAを引き継ぐ 2021年発表

2020.05.26

サマリー

新しいメルセデス・ベンツSLの、デザイン概要が明らかになりました。伝説的なオリジナルモデルからインスピレーションを得たスタイリングに、最新のデジタル技術を搭載した、革新的なモデルとなるそうです。

もくじ

オリジナルバージョンを思い起こさせるモデル
次期AMG GTのプラットフォームを採用
進歩的なインテリア

オリジナルバージョンを思い起こさせるモデル

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

ダイムラーのチーフデザインオフィサー、ゴードン・ワゲナーは、来年発表予定の次世代メルセデス・ベンツSLは、1950年代のオリジナルバージョンを、思い起こさせるモデルとなると述べている。

ワゲナーは、AUTOCARに対し「レトロなデザインが、好きなわけではありません」と話していたため、新しいSLは2人乗りのガルウィングのエクステリアを、完全に復活させることはないだろう。

メルセデス・ベンツSL AUTOCARイメージ図
メルセデス・ベンツSL AUTOCARイメージ図

SLは、過去数十年継続したGTスタイルのロードスターから離れ、スポーツのルーツに戻るとも語っている。また、AMGはその開発に深く関与している。

「わたしにとって、最も美しいSLはオリジナルの300です」とワゲナーは言う。

「そのDNAの一部を引き継ぎたいと思います。まずはプロポーション、表面の仕上げ方法などから始めます」

「その点で、新しいSLは、おそらくオリジナルのSLに最も近いモデルとなるでしょう」と続けている。

次期AMG GTのプラットフォームを採用

ポルシェ911カブリオレの、新しいライバルのプロトタイプは、ドイツの研究開発施設で、カバーが半分取り外された状態で目撃されている。

このスパイショットからは、クラシックなロングボンネットと、キャブバックの輪郭を保持しているが、現行SLのハードトップに代わり、ファブリック・コンバーチブル・ルーフが採用されていることがわかる。

メルセデス・ベンツSL プロトタイプ
メルセデス・ベンツSL プロトタイプ

この新しいモデルには、AMGが次のGT向けに調整したプラットフォームが採用される。

2つのモデルの共通点について尋ねられた際、ワゲナーは「GTはレースカー寄りで、SLはスポーツカー寄りです。違いは、はっきりしています」と述べている。

ワゲナーはまた、2020年末に発表予定の、次のSクラスについて「デザインのマイルストーン」および「次世代のデジタルSクラス」と表現している。

一方で、新しい時代に導くのではなく、メルセデスの既存のデザインを進化させるとも述べている。

「以前、Sクラスは、ブランド全体のために、毎回新しいスタイルを紹介してきましたが、それはモデルが3つしかなかった頃のことです」

「ありのままのSクラスを、愛してくれる人がたくさんいます。それを変えたいとは思いません」

進歩的なインテリア

ワゲナーは、インテリアが最も「先進的な部分」となるとし「特にデジタルに重点を置いた」と述べている。

スパイショットからは、ダッシュボードに備えられた、テスラ・スタイルの縦型タッチスクリーンを確認することができる。

メルセデス・ベンツEQS プロトタイプ
メルセデス・ベンツEQS プロトタイプ

継続が決まっている、超高級セグメントの、メルセデス・マイバッハ・バージョンについて、ワゲナーは、テクノロジーよりも「伝統的なラグジュアリーな価値観と、職人の技、素材」に焦点を当てていると述べている。

マイバッハは、Sクラスの唯一の異なるバージョンではない。

2022年に発売予定の、電動モデルEQSは、Eクラスと同等のサルーンであるEQEの上の、メルセデスのEQバリエーションの最上部に位置するモデルとなる。

ワゲナーによれば、EQSは「通常のSクラスとは根本的に異なる」外観を備え、「異なるカスタマー」をターゲットとしている。

「わたし達のビジョン・コンセプトは、80-90%量産モデルに近いものとなってきました」

「それは完全に異なるプロポーションをもつ、非常に革新的なモデルとなります」と述べている。

 
最新海外ニュース

人気記事