【流出】BMW 4シリーズ新型 公式発表の前に、外観がリーク 大きなキドニー・グリル採用へ

2020.06.01

サマリー

BMW 4シリーズの公式発表を前に、エクステリアがインスタグラム上にリークしました。大きなグリルが、ついにプロダクションモデルに採用されることになります。予想されるグレードや装備の情報も入手しました。

もくじ

4シリーズ 公式発表前に外観リーク
2つのボディタイプもあとに続く
エンジンはどうなる? M4追加は?

4シリーズ 公式発表前に外観リーク

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
translation:Taro Ueno(上野太朗)

BMW 4シリーズの公式発表を前に、エクステリアがリークした。

「BM World M」なるインスタグラムのアカウントよりリークした画像は、パンフレットを撮影したものに見える。

流出したBMW 4シリーズと見られる画像。
流出したBMW 4シリーズと見られる画像。    @bmworldm

フロントのみならず、サイド、リア、ボディカラーの選択肢まで撮影されている。

これまでAUTOCARは、ノルドシュライフェでテストする偽装が施されたクルマの撮影に成功している。大きなキドニー・グリルが顕になったのは、今回が初めてのことである。

昨年9月に発表された「コンセプト4」の面影を強く残すものであり、さらに大きい8シリーズとのデザイン上の共通点が多い。

2つのボディタイプもあとに続く

クーペボディのほかに、コンバーチブルのプロジェクトも進行中と考えられる。従来のメタルルーフではなく、布製のルーフになる可能性が高い。

また、4ドアクーペの「4シリーズ・グランクーペ」の投入も有力視されている。

流出したBMW 4シリーズと見られる画像。
流出したBMW 4シリーズと見られる画像。    @bmworldm

下敷きにするのはCLAR(クラスター・アーキテクチャー)プラットフォームだ。

FRと4WDの駆動方式をサポートするプラットフォームであるいっぽうで、エアサスペンションや四輪操舵まではカバーしない。

エンジンラインナップは、最新の3シリーズと共通点が多く、2L 4気筒と3L 6気筒が主軸となるはずだ。

 
最新海外ニュース

人気記事