[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

シトロエンC3日本仕様 スマートキー、インテリジェントハイビームを標準化

2018.03.22

100字サマリー

シトロエンC3の日本仕様は、「フィール」にスマートキーを、「フィール」と「シャイン」にインテリジェントハイビームが標準装備となりました。シトロエン・アドバンスト・コンフォートの考え方を尊重。発売後1100台の売り上げの加速をめざします。

発売後1100台の好調 加速めざす

プジョー・シトロエン・ジャポンは、販売好調というC3に装備を追加して本日より発売する。

2016年11月にフルモデルチェンジしたC3は、発売から1年半ですでに30万台を超えるセールスを記録した。

日本では昨年7月末に販売を開始、昨年末までに1100台以上が登録され、歴代の記録を塗り替えるペースで推移しているという。

このたびエントリーモデルの「フィール」にスマートキーを、「シャイン」を含む両グレードに夜間走行中に対向車や先行車を検知してハイ&ロービームを自動で切り替えるインテリジェントハイビームを標準装備とした。

これらの追加装備はいずれもシトロエン・アドバンスト・コンフォートの考え方にのっとり、使い勝手の向上や安全運転に繋がる機能だとプジョー・シトロエン・ジャポンは述べる。

C3フィールは219万円、C3シャインは243万円。前者は従来+3万円、後者は+4万円となる。

 
最新国内ニュース