試乗 ポルシェ718ボクスターGTS 装備、価格に見合う?

公開 : 2018.03.22 11:55  更新 : 2018.03.24 18:32

ポルシェ718ボクスターGTSの試乗記です。ボクスターSが比較対象になるのは自然な流れでしょう。フラット4のこと、乗り心地のこと、ハンドリングなどを検証。価格にたいして、中身がともなっているかをジャッジします。

もくじ

どんなクルマ?
「GTS」に対する期待

どんな感じ?
ポルシェゆえ、快適性への期待
最高出力と最大トルクの回転数

「買い」か?
ボクスターSとどちらにすべきか

スペック
ポルシェ718ボクスターGTSのスペック

どんなクルマ?

「GTS」に対する期待

ポルシェの最新ロードスターはハンサムで、混雑した英国の道には最適なパフォーマンスを持っている。そして誰にでも楽しめるハンドリングも魅力だ。

10万ポンド(1472万円)以上出すというのでない限り、これより素晴らしいロードスターは存在しない。

けれど6気筒の高回転型エンジンを抜きにして718ボクスター/ケイマンを改善するのは非常に難しいとAUTOCARは思っている。

いっぽうでわれわれはこのGTSバージョンの登場は歓迎している。このモデルは今年の後半に911 GT3ゆずりの4.0ℓエンジンを搭載したボクスター・スパイダーが登場するまでの間ボクスターの頂点に立つだけに期待さえしている。

GTSの視覚的な変更点は黒のプラスティック製スカート、カレラS譲りの20インチの黒いホイール、スモーク化されたライトなどだ。内装にはアルカンターラが使用され、各所にGTSのバッジが備わる。われわれのテストカーはシルバーのボディに赤のルーフという組み合わせにより、ベイビー・スーパーカーのようなルックスだ。

ハードウェアにおけるもっとも大きな変更点は、ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメントの追加だ。これによりボクスターSと比べて10mm低められ、後軸には機械式LSDも備わる。この個体にはPASMスポーツ・サスペンションも装備されており、さらに10mm車高が低められていた。

われわれは以前に718ボクスターGTSを欧州の素晴らしい道でテストした。今回英国で初めての試乗となるが、この国の荒れた路面にどの程度対応できるかが見物だ。

 
最新試乗記

人気記事