[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

前後を撮影 ケンウッド、2カメラ・ドラレコ「DRV-MR740」 24時間駐車監視

2018.09.05

100字サマリー

ケンウッドが、2カメラの新型ドライブレコーダーを発表しました。車両の前・後ろを同時に撮影でき、最長24時間(!)の駐車監視録画に対応します。意外なほどコンパクトなサイズに収めた点も、注目です。

DRV-MR740(MR=マルチカメラ・リア)発表

2018年度のドライブレコーダー市場のキーワードは、ツーカメラ。つまり前後の撮影が可能な2カメラ・ドラレコの需要拡大だ。

実は2016年度、2017年度におけるドライブレコーダー・メーカー別販売数量の首位であるケンウッドは、2カメラのスタンドアローン製品をラインナップしていない。

そこで10月に発売される新製品で、このニーズに応えようというのだ。さっそく新型を紹介しよう。

DRV-MR740は、メインユニット(前)とセカンドカメラ(後)からなる2カメラ・ドライブレコーダーだ。

その特長は、下記の4点である。

・高画質のDNA
・24時間駐車監視録画
・コンパクトな設計
・地デジ電波への干渉対策

同社のドライブレコーダーを使用するユーザーが、購入時に最も重視したのが、「高画質録画」であるという(同社調べ)。DRV-MR740についても、F1.8のレンズを採用。JVCケンウッドが長年培ってきた高画質のノウハウを活かし、リアの映像をくっきり明るく録画することを目指した。

DRV-MR740の2番目の特長は、セキュリティ対策としても評価できるもの。別売りの車載用電源ケーブルを使用することで、24時間の駐車監視録画に対応したのだ。

衝撃検知にくわえ、動体を検知した場合に前5秒/後5秒の駐車録画を格納するので、長時間の駐車だって安心できる。

3番目の特長は、そのサイズだ。

 

 
最新国内ニュース