国内ニュース

2018.10.25

改良新型マツダCX-8 ガソリン2.5ℓターボ登場 2.5ℓNA(289万4400円~)も

編集部より

マツダCX-8の改良新型が、発表されました。待望のガソリン・モデルが追加され、「2.5ℓターボ」「2.5ℓNA」が登場。後者は300万円を切っています。実車写真20枚!

もくじ

ターボ「25T」、NA「25S」登場
GVCプラス導入 快適装備も充実
安全装備/価格/発売日は?

ターボ「25T」、NA「25S」登場

マツダは、3列シートSUVのCX-8を商品改良し、受注を開始した。改良新型のトピックは4点ある。

1. 2.5ℓガソリン車(ターボ/NA)の追加

2. G-ベクタリング・コントロール・プラス

3. シートベンチレーション設定、スマホ連携

4. 衝突回避支援ブレーキの夜間歩行者対応

CX-8は、これまで2.2ℓディーゼル車のみの展開であったが、ガソリン・ラインナップが追加された。加わるのは2.5ℓガソリン・ターボ車の「25T」、2.5ℓガソリン自然吸気車の「25S」という2種類である。

SKYACTIV-G 2.5T搭載「25T」(AWD)

2.5ℓガソリン・ターボ車が搭載するのは、世界初となる「排気脈動の制御」に着目したダイナミック・プレッシャー・ターボシステム採用ユニット。低回転域ではシャッターバルブを閉じて排気経路を狭め、高回転域ではバルブを開くシステムを導入。あわせて排気マニフォールドは4-3-1タイプを採用し、低速域でも高速走行でもリニアに加速するエンジンに仕上げた。

また、燃焼温度を低下させ、中高負荷領域で高出力と広い燃費領域を実現するクールドEGRを導入。トランスミッションは6速オートマティックを組み合わせ、駆動方式はAWDを選んだ。

・最高出力:230ps/4250rpm
・最大トルク:42.8kg-m/2000rpm
・WLTCモード燃費:11.6km/ℓ
(市街地8.4/郊外11.7/高速道路13.8km/ℓ)

SKYACTIV-G 2.5搭載「25S」

2.5ℓガソリン自然吸気車が搭載するのは、13.0の高圧縮比、アルミ合金製ブロック、バランスシャフトの採用により走行性能と静粛性を両立したユニット。こちらはFF車のみを用意した。

ターボ車が走り志向なら、NA車は街乗り中心というドライバーに向けたモデルと考えて良い。

・最高出力:190ps/6000rpm
・最大トルク:25.7kg-m/4000rpm
・WLTCモード燃費:12.4km/ℓ
(市街地9.8/郊外12.6/高速道路13.9km/ℓ)

25Sは、入口価格が289万4400円~という300万円を切る価格設定であることも大きなニュースだ。

next pageGVCプラス導入 快適装備も充実

すべての画像をみる

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ