4/20開幕のスーパーフォーミュラ カロッツェリア・チームKCMG、新マシン・デザイン発表

2019.02.08

サマリー

モータースポーツ・シーンの動きが慌ただしくなってきました。国内最高峰のフォーミュラ、スーパーフォーミュラに参戦する「カロッツェリア・チームKCMG」から新マシンのデザインが発表。

SF19、「ハロ」導入

スーパーフォーミュラの開幕に向けて、各チームの動きが活発になってきた。3月4日に行われる合同テストを前に、小林可夢偉を擁するカロッツェリア・チームKCMGが、2019年シーズンのマシン・デザインを発表した。

新たにドライバーの頭部を保護する「ハロ」を採用した新シャシー「SF19」を彩る青と白のカラーリング。公開されたイメージ図では、フロント、左側面、右側面、上部から描かれたマシン・デザインを確認することができる。

小林可夢偉とカロッツェリアの最新情報は、今春にリニューアルされるコンテンツサイト「小林可夢偉×カロッツェリア テール・トゥ・ノーズ」で発信されていく予定だ。

なお、2019年シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権は、4月20日〜21日に三重県・鈴鹿サーキットで開幕する。

 
最新国内ニュース

人気記事