アウディR8 V10プラス・プロトタイプ

公開 : 2015.02.20 23:50  更新 : 2017.05.29 18:14

エンジンの印象はスウィートという言葉がぴったりだ。そのアウトプット・パワーはウラカンと同一だが、R8 V10プラスに搭載されるエンジンはチューニングは異なるようだ。レッドラインまでの回転の伸びは、ランボルギーニと同様に非常に魅力的で決然としている。タイヤが温まる前のファースト・ラップこそ慎重な走行を行ったが、速度が上がり始めるにつれ、最初に感じたのは、新しい電気機械式ステアリングのアジリティだ。ちなみに、われわれのテストしたプロトタイプは、オプションのバリアブル・レシオ・システムが装着されていた。アスカリ・サーキットのコーナーの進入に際し、必要なステア角は、旧型の油圧式より明らかに小さい。

「ステアリングはセンターから切り込むと、非常にダイレクトなフィーリングとなる。また、操作も容易だ。」とスティップラーは語っていた。「コーナリングでは1/4ぐらいの切り込みが必要だと思っていても、実際には1/8程度しか必要がない。」ともコメントしていた。

次に感じたのは、ギアシフトのクオリティ・アップだ。すべてのデュアル・クラッチを徹底的にベンチマークしたという新しいソフトウェアを得たトランスミッションは、初期のプロトタイプでは不足していたい滑らかさと変速スピードが徹底的に煮詰められた。その結果、パフォーマンスの向上にも繋がる、スムーズで素早いシフト・アクションが可能となった。

2ラップ目に入ると、そのパフォーマンスの高さはより明らかになる。第1世代のR8と同様に、この新しいR8も、フロント42%、リア58%という重量配分を持つ。その素早い動きを持つ4WDシステムは、適切にトルクを前後に分配し、リアに取り付けれたロッキング・ディファレンシャルもあって、その能力はセンセーショナルに高い。

高速コーナーではほんの少しアンダーステアが顔を出すが、テールは常に安定しており食いつきが良い。スティップラーが素早くスロットルを与え、ドライブトレインのハードウェアに頼った運転をしたとしても、少なくともサーキットの路面の上では驚くほど効率的な走りを見せた。

最後に、新しいR8のサウンドに関しては、フル・スロットルを与えたとしても、そのノイズに関しては、ショックを与えるようなものではなかったと述べておこう。

R8 V10プラスは、熾烈な戦いが行なわれている市場へ参入することになる。そこには、最近公開されたフェラーリ488GTBもいれば、ランボルギーニ・ウラカン、マクラーレン650S、ポルシェ911ターボSといったライバルが目白押しだ。しかし、アスカリ・サーキットでの短いインプレッションで感じたのは、それらライバルにも引けを取るようなものではない、ということだ。

自らの手でステアリングを握ってテスト・ドライブが可能となれば、その答えは更に明確なものとなるだろう。それは、今年の後半まで待たねばならない。しかし、第1世代のR8に対し、この新しいR8が大きな進歩を遂げていることだけは明白である。

(グレック・ケーブル)

アウディR8 V10プラス・プロトタイプ

価格 £130,000(2,380万円):予想
最高速度 330km/h
0-100km/h加速 3.2秒
燃費 NA
CO2排出量 NA
乾燥重量 1454kg
エンジン V型10気筒5206cc
最高出力 610ps/8150rpm
最大トルク 57.1kg-m/3500rpm
ギアボックス 7デュアル・クラッチ

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記