レンジローバーSVオートバイオグラフィーを公開

公開 : 2015.03.30 22:50  更新 : 2017.06.01 02:10

レンジローバーのモデルレンジの中で最も高価なモデルとなるSVオートバイオグラフィーがニューヨーク・モーターショー直前に公開された。

このモデルは、今年の夏からの販売が予定されており、レンジローバー45年の歴史の中で、最も豪華で最もパワフルなモデルで、その価格は£148,900(2,630万円)とアナウンスされている。2013年に登場した現行のオートバイオグラフィー・ブラックに代わるものとなる。

限定生産ではなく2016年のレンジローバー・ラインナップのカタログ・モデルであり、標準でLWBボディとなる。

エクステリアは、9色から選べる新しいツートンのボディ・ペイント、リアのバッジ、ボンネットのレタリングや、専用のクロームのフロント・グリルなどがアップグレードされた部分。

一方、インテリアはアルミニウムが多用されたコントロールや、センター・コンソールとアームレストの新しいトリムなどが特徴。リア・シートには伝統のポータブル・テーブルが採用され、パッセンジャーは冷凍庫にもアクセスできる。また、カーペットもスタンダード・モデルよりも豪華なものが奢られ、アルミニウム製のコート・フックも採用される。”イベント・シート” と呼ばれるウインザー・レザー製のサード・シートも標準装備となる。

エンジンはレンジローバー・スポーツSVRにも搭載される550psの5.0ℓスーパーチャージャーV8だが、SVRとは異なり快適性重視のチューニングが施されている。また、SDV8とSDV6ハイブリッドもオプションとしてラインナップされる。

このSVオートバイオグラフィーは、予定される豪華なSUVに先手を打った格好だ。ロールス・ロイス、ベントレーからはまもなくSUVモデルがリリースされる予定だし、メルセデス・ベンツもメルセデス-マイバッハのブランドでGLSベースのモデルを登場させる計画だ。なお、SVオートバイオグラフィーは、スペシャル・オペレーション・ディビジョンで製作されることになる。

▶ 2015 ニューヨーク・モーターショー